自宅待機により疲れ目となっているファンへ眼トレを紹介

 ボクシングのWBA世界ミドル級正規王者・村田諒太(帝拳)がインスタグラムを更新。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、自宅で携帯電話を見る時間が長くなっているファンに向けて目の体操を紹介した。独特な眼トレには「パンチよけれるようになりそう」「村田選手の眼はよく動きますね」など反響が相次いでいる。

 どこでもできる簡単なトレーニングだ。「携帯ばかり見て目が疲れていませんか?」と投げかけた村田は、アプリでメトロノームを起動。両手の親指を立てて顔の前に出すと、リズムに合わせて瞳を左右に動かし始めた。「目だけ動かしてください。顔を動かさない」とリズミカルに続け、上下、斜め。「各1分ずつくらいやってもらうと、すごく眼がすっきりすると思います!」と、最後は笑顔で手を振って勧めた。

 村田は実際の動画をインスタグラムで公開。「リズムは1分間に100〜150くらいで、しっかり焦点が合う範囲で行ってください! お試しください」とつづられた投稿には、ファンから様々な反応があった。

「この眼トレ最高! 老眼にも」
「村田選手の眼はよく動きますね」
「なんかパンチよけれるようになりそう」
「はやい…笑」
「ゲームばかりの子供とやります」

 世界チャンピオンも取り入れている目の体操。新型コロナウイルスの影響で、自宅でスマホなどを見て過ごす時間が長くなっているファンには、ぜひ実施してもらいたいトレーニングだ。(THE ANSWER編集部)