世界的名将がトップリーグを展望、みどころは?

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準優勝したイングランドを率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)。2003年大会以来2度目の優勝こそならなかったが、イングランドにとっては自国開催で1次リーグ敗退に終わった2015年大会の悪夢を振り払う快進撃は、日本大会のハイライトだった。前回大会では日本代表のHCも務め“ブライトンの奇跡”を演出し史上初の大会3勝をもたらした、日本でもお馴染みの世界的名将が「THE ANSWER」で12日開幕のトップリーグを展望した。

 かつてサントリーのHCとしてチームを頂点に導いたエディー氏に、W杯でも活躍した海外のスター選手も続々と参戦する日本最高峰のリーグの見どころを語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

 今季のトップリーグは日本のラグビーの将来を担う、重要な大会となることは間違いない。2015年のイングランド大会でも南アフリカを破る“ブライトンの奇跡”で一気にラグビー人気に火が付き、五郎丸人気もあって空前のラグビーフィーバーを迎えたが、その人気は長続きはしなかった。

 人気を継続させるカギはトップリーグにある。というよりは、日本代表戦がしばらく開催されない現状では、リーチ マイケルや稲垣啓太、松島幸太朗の姿を見られるのはトップリーグしかないのだ。

「トップリーグは本当に重要だと思います」と切り出したエディー氏は、こう続けた。

「ファンを拡大させるためにも、プレーヤーはファンといいコミュニケーションを取り続けることが必要です。トップリーグも魅力的だなと思えるような試合を見せていくことです。そして、ファンと交流を持つように、チーム、選手たちが積極的に取り組むこと。先日サントリーの練習試合(対リコー)を見に行きました。500人くらいのファンが来ていました。3年前だと50人くらいです。

 選手は試合後もサインをしたり、ファンに対してきちんと対応していました。それをやり続けることです。試合前にキッズクリニックを開催したりして、ワクワク感を保つこと。小さいことの積み重ねですが、それが大事なのです。ほかにもラグビー選手のドキュメンタリーを見せたりとか、そのストーリーを語り続けたりすることも必要です」

 日本人は熱しやすいが冷めやすい。お祭り騒ぎだったラグビーW杯で生まれた“にわかファン”を、いかに“ラグビーファン”として獲得できるのか。エディー氏はトップリーグを魅力十分のリーグだとしつつも、広報の重要性も強調する。

「ベストな選手たちが日本でプレーする大会です。ベスト同士の試合が見られます。それぞれのクラブでいい外国人がプレーしています。それをしっかりプロモーションしないといけない。試合がありますよ、と。きちんとプロモーションをする必要があります」

 トップリーグには、W杯を沸かせた世界のスーパースターが数多く参戦する。オールブラックスの主将キーラン・リードは代表引退後の新天地を日本に求めた。名門・トヨタ自動車では、ジャッカルで名を馳せた姫野和樹との競演が実現する。

 また同国からはLOとして歴代最多キャップ(115)を誇るサム・ホワイトロックもパナソニックに加入。W杯を制した南アフリカ代表のCTBダミアン・デアレンデも新たに加わり、福岡堅樹や稲垣啓太らとどう融合するのかは、実に楽しみだ。

エディー氏はリーチ マイケルのリーダーシップを讃えた【写真:Getty Images】

リーチを大絶賛「W杯の彼のパフォーマンスはリッチー・マコウのようでした」

 エディー氏に国内外の注目選手をピックアップしてもらった。

「南アフリカの選手はみんないい選手です。ほかにはサム・ケレビはサントリーの選手ですが、本当に素晴らしい選手です。どこにでもいい選手はいます。日本の選手では、リーチ マイケル、松島、福岡、田村(優)、田中フミ(史朗)、堀江翔太……。それぞれ素晴らしい選手ばかりです」

 イングランドがW杯の決勝で敗れた南アフリカからは6人が新たに日本でプレーする。エディー氏が名前を挙げたケレビはオーストラリア代表のCTB。26歳ながら、すでに代表キャップ33を数え、スーパーラグビーのレッズでもキャプテンを務めた、世界基準のパワフルなランナーだ。

 元日本代表HCらしく、日本選手の名前も次々に挙がったが、特に言及したのは代表のキャプテン、リーチ(東芝)だった。

「リーチ マイケルですが、W杯の彼のパフォーマンスはリッチー・マコウのようなプレーでした。キャプテンとしての在り方とか、本当に重要な瞬間の彼のリーダーシップは素晴らしいものがありました」

 ワールドラグビーの年間最優秀選手賞を3度獲得したオールブラックスの伝説的NO8マコウの名前を出し、手放しで絶賛。自身が指揮を執っていた2015年当時と比べても、「成熟したと思います。より責任を持つようになりました。いい選手ということは変わりませんが、試合中にキャプテンにしか決断できない、重要な局面で前に進んで役割を果たしてくれる。そういう選手になってくれました」と賛辞を並べた。

 スーパースター達の競演ももちろんトップリーグの魅力の一つだが、一方でラグビーの一歩進んだ見方が分かれば、さらに観戦は魅力的になる。エディー流の観戦術を聞いた。

「ラグビーは複雑なスポーツです。シンプルではありません。競り合いがある上に、プレーを継続をしなくてはいけません。ファンの皆さんにとっては、ゲームを見る際に、それぞれのチームがどの部分で相手に勝っているのか。また負けているチームに注目する時は、自分だったら何をするのかといったコーチ視点から入って見てみるのもいいと思います。

 ラグビーは難しいからこそ魅力的だと思います。複雑だから、チームで一丸にならないと機能しません。サッカーのようなスポーツではありません。例えば、メッシにボールを渡せばなんとかなる、というものではないのです。それはラグビーではできない。全員がそれぞれの役割を果たして機能する。困難に対してはチーム一丸にならないと乗り越えることはできません」

エディー氏が説く勝利のカギ「大事なのは信じることです」

 難しさこそがラグビーの醍醐味だと語るエディー氏。だからこそ、本当の魅力を知ってほしいと熱く語る。全員が役割を果たし、ワンチームとして機能する。連動し、一丸となって相手に向かっていく姿勢を理解しながら観戦できるようになれば、もっとラグビーが楽しくなるのは間違いない。

 エディー氏は実際に2011-12シーズンにサントリーのGM兼HCを務め、トップリーグと日本選手権の2冠制覇を果たしている。日本最高峰のリーグで頂点に立つために、必要なものとは一体何なのだろうか。

「自分たちがやっているプレースタイルを信じ抜くことです。例えば、一つのチームに身体能力が高い選手が集まっている。今だと神戸製鋼です。そういう突出した選手がいないチームだとしたら、戦略的に戦える方法、やり方を見つけないといけません。そして、その戦略を選手にも信じてもらわないといけません。100%、確信を持って動けるようにです。

 私がサントリーのHCを務めた当時は、東芝とパナソニックが強敵でした。東芝はFW(のサイズ)が大きくて、パナソニックは身体能力に長けた選手が多かった。対抗するために、スピーディーなアタッキングラグビーをしようと考えました。ボールを回してグラウンドのどこからでもアタックするというラグビーです。記憶が正しければ、スタートはあまりうまくいきませんでした。なぜなら、プレースタイルを浸透させる途中だったからです。それでも続けました。続けることで日本一になることができました。同じようなアプローチを日本代表でも続けました」

“継続は力なり”を地で行く、掲げていた超攻撃的ラグビーを貫いて日本選手権との2冠に導いたエディー氏は、当時を懐かしむように目を細めた。

「大事なのは信じること。自分たちの強みを選手たちが信じることです。他のチームをコピーするのではなく、自分たちのスタイルは何かを見極めて、それを実行することです」

 自らの信念を貫くことこそが勝利の秘訣――。これこそが名将の勝利の法則だ。最後に今季のトップリーグの優勝候補を聞いた。

 笑いながら「サントリー」と即答した後、「本当にいい、競ったシーズンになると思います。神戸にはすごくいいコーチングがあるし、いいチームです。パナソニックにもいい選手が集まっていますし、いいコーチングも受けています。面白い争いになると思いますよ。フミ(田中史朗)と田村がキヤノンにいます。キヤノンもまた上がってくるのかなと思っています」と激戦を約束した。

 記憶に新しいW杯の熱狂。日本を沸かせた戦士たちのぶつかり合いを見逃すことはできない。(THE ANSWER編集部)