黒田監督が試合を回顧「平常心を失った部分がいくつか見られた」

 第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。青森山田は2点をリードしながら逆転負けで史上9校目の連覇はならず。試合後、黒田剛監督は敗因を挙げた。

 逆転負けで史上9校目の連覇はならなかった。前半11分にDF藤原優大(2年)のヘディングで先取点を奪い、33分にはJ1浦和内定のMF武田英寿(3年)が得たPKを自ら決めて追加点。流れを呼び込んだかに見えたが、前半アディショナルタイムでセットプレーから失点。相手に勢いが生まれ、後半16分、そして終了間際の40分にも得点を奪われ、2点差を守り切れなかった。

「前半はいい守備から2得点できたが、自分たちのミスから前半に失点してプランがガタッと崩れたかなと思う」と黒田監督。「『守備の山田』と言いながら、平常心を失った部分がいくつか見られたのが、最終的に優勝を手繰り寄せられなかった原因かなと思う」と敗因を挙げた。

 それでも、2年連続決勝に駒を進めたチームについて「選手は去年と比べられながら、厳しい状況の中、ここまで連れてきてくれたことを感謝したい」と労った。静岡学園については「テクニカルなあれだけのチーム力を持ったチーム。ここは彼らの優勝をおめでとうと言いたい」と祝福した。(THE ANSWER編集部)