知られざる「稲垣啓太の頭の中」、20分間の“編集なし”インタビュー

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りした日本代表プロップ(PR)稲垣啓太(パナソニック)がこのほど、「THE ANSWER」の独占インタビューに応じ、普段、語られることのない「笑わない男」の思考と本音を明かした。

 日本中に感動を呼び、空前のラグビーブームを呼んだW杯。稲垣はFW陣の最前線で体を張ったプレーで牽引し、大会以降はメディアに引っ張りだこに。しかし、流行語大賞にもノミネートされた「笑わない男」というキャラクターが先行してしまい、稲垣の素顔が見えにくくなったようにも思う。そこで、今回は敢えて29歳の人格に切り込んだ。

 W杯後に話題を呼んだ日本シリーズの名野球解説、的確なコメント力を生んだ2つの経験、「笑わない男」でキャラクター化したことの分析。20分という時間の中で「笑う」とか「笑わない」とかじゃない「稲垣啓太の頭の中」に迫った。

(聞き手=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

――今日はよろしくお願いします。W杯以降、「笑わない男」として世間に認知されました。その分、「笑わない男」にフォーカスされすぎて、稲垣選手の本当の個性が見えにくくなったようにも感じます。今回は「本当に笑わないんですか?」みたいな話はなしにして、「稲垣啓太の頭の中」というテーマでお伺いしたいと思っています。

「はい。よろしくお願いします」

――W杯以降、あらゆるメディアに出演されました。しかし、個人的に最も印象に残ったのは10月23日にプロ野球の日本シリーズ・巨人―ソフトバンク戦で務めたゲスト解説でした。

「しましたねぇ。させて頂きましたねぇ」

――驚いたのは喋りの上手さでした。こんなにコメントが的確なアスリートがいるのかと。

「喋れるぶってただけですけどね」

――高橋由伸さん(前巨人監督)、松坂大輔さん(現西武)という野球界のスターに挟まれ、中継席に座りました。ご自身のラグビーの経験を野球に落とし込み、巧みに話すコメントに惹き込まれました。当時の意図を振り返ってもらえますか?

「まず、僕は小さい頃、野球をずっとやっていたんです。その時のスターが両サイドにいるわけですよね。本当に光栄なことでしたし、呼んで頂いたことも本当に嬉しかったんです。『俺でいいのか』という部分もありましたけど、呼んで頂いて自分が何を話すことができるかを考えた時、小さい頃に野球をやっていたとはいえ、(目の前で)出ている選手たちはプロ選手であって、日本の野球界のトップの選手たち。その技術に対して、僕が触れてはいけないと思いましたし、それが礼儀だと思いました。

 じゃあ、何か話せるものはないかと探した時、ラグビーと似たようなシチュエーションはないかと。『こういった似たようなシチュエーションは実はラグビーにもあってですね。こういった感情がこの時は生まれているんじゃないでしょうかね』『非常にプレッシャーがかかっているんじゃないかと思うんですけど、これから先、どう攻略していくのか非常に楽しみです』とか。少しずつ自分の背景と照らし合わせてなら、お話しすることができるんじゃないかと思って、やらせて頂きました」

――ファンの間でも「解説が上手すぎる」などと話題になりました。ご自身の解説者としての評価はどうでしたか。

「“下の下”でしょうね」

大学時代の経験が今の稲垣啓太を形作った【写真:荒川祐史】

客観的見方を身に付けた大学時代の経験「2つ、ありますね」

――そう謙遜されますが、今話して頂いた野球解説の説明でもわかる通り、稲垣選手は自分をもう一人の自分が見ているような客観的、俯瞰的な見方をして、アウトプットしていることが印象的です。これはアスリートに限らず、難しいこと。なぜ、できるようになったのかご自身では分析されますか?

「2つ、ありますね。まず1つ目は大学(関東学院大)時代に遡るんですけど、僕は4年生の時に主将を任されたんですね。前年度は大学選手権でベスト4まで行ったんですが、僕がキャプテンを任された年はリーグ戦を全敗で終えて、2部まで降格させてしまったんです。『やってしまったな』という後悔の念も強かったんですけど、それが『なぜだろう』と考えました。周りをどうにかするように動いたんですけど、周りをどうこうすることばっかり考えていて、例えば、監督と選手をつなげるようにとか、です。

 そういったことばかりしていくうちに、自分自身のことが全くできてなかったと思ったんですね。自分のことが全くできていない人間に何かしろと言われても、それは説得力はないですよね。自分の言った言葉に責任が宿ることは理解していましたし、それを客観的に見た時に全くできていなかった。それは他の学生たちも納得しないよな、と。まず自分が喋ること、周りに伝えようとする時、自分がその行動をできているかどうかを確認するようにしましたね。それができてからやっと発言する権利があるんじゃないか。そういったことを考えながら、話すようになったのが一つです。

 もう一つは、物事を順序立てて考えられるようになったことが、話がスムーズにできるようになった一つの要因かなとも思うんですね。また大学時代の話なんですけど。当時の関東学院大の春口先生(春口広監督)が、自分の講演会に度々連れていってくれたんですね。200、300人の参加者がいる中で『俺、ちょっとトイレ行ってくるから、15分くらいつないでおいてくれ』というシーンを何度も作って……いただいた、と言った方がいいですかね。まあ、“作られた”んですけど。

『これは無茶ぶりが来たな〜』と思いますよね。もちろん、自分のことをある程度、紹介しないといけない。自分が何のために今ここに立っているのか、紹介しないといけない。でも、春口先生より目立ちすぎてもいけない。先生のこともある程度、立てないといけない。いい状態でお渡ししないといけない……。そういう経験から学んでいって、少しは喋れるようになってきたんじゃないかという感じはしますね」

――稲垣選手が持つ客観性のバックボーンが見えたような気がします。そうした背景もあってか、言葉をすごく大切にしている選手と感じます。アスリートとして公の場で発する言葉の重みをどう捉えていますか?

「もちろん、意識はしますよ。先ほども言いましたけど、自分の出した言葉にどうしても責任が宿りますから、変なことは言えないですよね。自分が全く思ってもないことを言ったって『コイツ、何言ってるんだ』となるだけでしょうし。自分の口から出る言葉は本当にそれを思っていて、自分がやってきたことに基づいて話しているだけであって。じゃないと、説得力もないでしょうし、伝わることもないでしょうし」

――こういう論理的な話しぶりは広告代理店の頭が切れるビジネスマンと話しているのと近い感覚です。

「僕がビシネスをやったら、一瞬で終わるでしょうね」

――ビジネスをしても大成しそうな気がしますが……。自分の思いを伝える時に意識していることはあるのでしょうか。

「ゆっくり喋るようにはしていますかね。あまり早口でわーっと言っても、見た目もこんな感じなので、ちょっと威圧感を与えちゃう。なので、なるべくゆっくりで。でも、人によって喋るタイミングも変えないと、と思っていてですね。小学生、中学生、高校生といろんな場所で講演をやらせて頂くこともあるんですが、小学生に1時間、堅い話をしてもおそらく集中力が続かないんです。低学年、中学年、高学年で反応もまた全然、違いますし。

 じゃあ、どうしたら興味を持ってもらえるのか、惹きつけられるのかと考えた時、なるべく質問を投げかけてあげたり、飽きさせない項目を1つ用意してあげたり。ラグビー選手なので、ラグビーについて主に話しますけど、『ラグビー知っている人ー!』『オレのこと知っている人ー!』と言ったり、ちょっとふざけてみたり。親御さんも参加して頂いてますから、親御さんに向けてのメッセージもありますし。喋ることについてはすごく考えますね」

稲垣は「笑わない男」というフレーズに何を思っているのか【写真:荒川祐史】

「笑わない男」のフレーズで人格が消費されることについて思うこと

――これだけ物事を俯瞰して見ることができる個性がありながら、そういう「稲垣啓太」という人格が「笑わない男」というキャッチーなフレーズで消費されているような印象です。当事者として、その事実をどう受け止めているのでしょうか。

「うーん、別に僕自身はそんなにストレスも溜まってないんですよね。評価するのはどうやったって周りの方たちですから。自分の中で一本“ブレないもの”を持っていればいいかなとも思っていますし。今、『笑わない男』と言われて、確かに笑顔は少ない方かもしれないですけど、自分が笑わなくても周りの方は笑っているから、楽しんで頂けているのかなと思いますし。そこに対して自分もなんのフラストレーションも溜まってないですから。それはそれで素晴らしいことなんじゃないですかね」

――そんな立ち位置も理解した上で、年末年始は多くのテレビに出て、ファンを楽しませてくれました。休みたいという思いがあっても不思議ではないですが、改めて、あれだけ表舞台に立ち続けた理由を教えて頂けますか。

「ラグビーの認知度をどんどんどんどん上げていかないといけないと思ったのが、まず大きな理由ですよね。全員が全員そういった機会が与えられるわけではないですから。その時はたまたま自分であっただけ。これから選手生命はそこまで長くないでしょうけど……まあ、10年くらいはやりたいですけど、自分が終わった時に自分に替わる選手も新たに出てくるでしょうし、タイミングだと思うんですよね。誰かがその時、必要とされていて、その時はたまたま自分であっただけ。じゃあ、自分がラグビーを発信する機会が与えられたのは、その代表としてしっかり発信しないといけないなと。

 もちろん、嫌々出たわけでもないですし、出演させて頂いたメディア関係の仕事は全部が全部楽しかったです。お互いにWin-Winの良い状態で仕事ができたんじゃないですかね。僕はラグビーを発信することができましたし、プラス、個人の『稲垣啓太』という名前もラグビーファン以外の方にも覚えて頂きましたし。『じゃあ、稲垣啓太がラグビーをしているところを見に行こう』と思ってくれたら、それは本当に素晴らしいことです。自分にとって素晴らしいきっかけを与えて頂いた年末年始だったなと思っています」

――W杯ではプレーヤーとして、ラグビーの面白さを体現していました。でも、これだけ言葉を大切にしている稲垣選手だからこそ、言葉でラグビーの面白さを表現するとしたら、どう表現しますか?

「何点かあるんですけど、一点に絞った方がいいですよね?」

――そうですね。ご自身の中で、一番上に来るものを聞かせてください。

「ラグビーっていうスポーツはコンタクトスポーツであって、やっぱり衝突が避けられないスポーツですよね。そういう激しいスポーツにも花形と言われる選手も存在しますよね、例に挙げれば福岡堅樹とか。ああいうスピードがあって、トライを取る選手というのが花形になってくるでしょうけど。おそらく、トップレベルに行けば行くほど、そのチームの15人中ほとんど全員が主役を張れるような選手なんですよ。ただ、全員が全員、主役を張ろうとしてもチームとしては成り立たないと思っているんです。ラグビーは15人に1人ずつ役割が与えられていて、1人ずつ役割がまた違うんですよ。

『目立つべき選手を、目立たせるために、目立たないプレーをする選手』というのが存在するんです、ラグビーには。それが、僕のような存在です。僕が目立とうとしていたら、おそらくチームは機能していないでしょうし、僕はその与えられたチームの役割という歯車から外れている状態でしょうし。“僕が目立たない時”がチームが一番、機能している時。だから、そういったいろんな役割を与えられた選手が役割を遂行していく中で生まれる花形のプレー。目立つ選手もいれば目立たない選手もいる、ということです。

 それは、どのスポーツにおいても一緒かもしれないですけど、より顕著に出るスポーツがラグビーなんじゃないかなと思っているんです。そういった部分を見てもらえると、より楽しさが伝わるんじゃないですか。『今のトライ、凄かったよね』『でも、その前をちょっと遡って観ると、この細かいプレーがあったから、実はここにスペースができたんだよね』、そういった楽しみ方を見つけたら、より玄人に近づけるんじゃないですかね。でも、そんな玄人プレーよりも一番は最初に話した通り、衝突が避けられないプレーですかね。そういった迫力という部分を楽しんで頂けたらなと思うんです」

――稲垣選手も青春時代にラグビーと出会い、虜になったようにW杯を機にラグビーの面白さを知った子供たちがたくさんいます。そんな子供たちが稲垣選手と同じくらいの年になる頃、ラグビー界がどんな世界になってくれていたら幸せですか?

「子供たちがラグビー選手に対して憧れるような、そんなラグビー文化が根付いてくれたらなと思うんですよね。なぜかというと、小さい頃、野球をやっていたからというのもあるんですけど、野球選手の華やかな世界に憧れていましたし。高級車に乗って『ああ、すげえ』って本当に思ったんです。ラグビー界もそうやって憧れるような存在になれば、ラグビー選手になりたいって思うんじゃないかなって思うんですよ。だから、まずは子供たちに憧れられる存在にならないと、子供たちがラグビー選手になりたい、プロ選手になりたいって思ってくれないでしょうし。そういった文化が根付いてくれたらいいな、と思うんですけどね。もちろん、ラグビーに触れるきっかけを作ることも重要だと思いますけど、ラグビー選手もそういうフェーズに移行する時が来たんじゃないかなって感じてますね」

――その中で稲垣選手はどんな立ち位置で貢献していくのか。今、描いているビジョンがあれば、最後に教えてください。

「今はいろんなメディアにも出させて頂いてますけど、今そういったお話をたくさん頂いている中でできる限り、自分のプレースタイルに支障が出ない程度にですけど、参加させて頂いて、よりラグビーという競技をメディアを通して、いろんな人にお伝えさせて頂けたらなとは思います。やっぱり子供たちがラグビーに触れる機会を作っていきたいなとは考えてますね。ラグビーに触れる機会というのは小さい頃は全くなかったですから。これはボール1つあるないだけでも雲泥の差でしょうし、そういうチャリティー的な部分も考えています。今後、そういった場をもっともっと作っていけたらなと思います」

――今日はお忙しいところ、ありがとうございました。(取材日=1月16日、パナソニックワイルドナイツ練習場で)

【取材後記「このインタビューを敢えて“編集なし”で掲載したワケ」】

 ここまでお読み頂いた内容、実はインタビューの書き起こし“ほぼ、そのまま”なんです。インタビュー前、「笑わない男」と言われた稲垣のまだ伝わっていない魅力が、どうすればより多くのファンに伝わるのかを考えた。「稲垣啓太という男でしか作れない、インタビュー記事が作りたい」――。その答えが、“編集なしの掲載”という試みだった。

 通常、言葉のキャッチボールを文字に起こして伝える活字系メディアは、どうしても編集が必要になる。選手によっては意見が脱線したり、回答がまとまらなかったりする。その場合は趣旨が変わらない範囲で、前後の発言を組み直すこともあれば、回答そのものを削ってしまうこともある。それほど自分の考えを整理し、発信するという作業は難しい。

 しかし、稲垣にはその必要がないと思った。理由はインタビューでも挙げた通り、物事を論理立てて発言を展開できる珍しい能力が備わっているから。優れた食材は手を加えすぎない方が、素材の良さが伝わるようなもの。敢えて、編集しないことで稲垣の論理的思考を実証する。そう思って語尾などのディテールを含め、会話をそのまま掲載した。

 結果は見ての通り。どの答えもエピソードから自身の考えまで過不足なく情報をちりばめ、こちらから補足質問の必要がないものばかりだった。

 こちらが持ち上げるような発言をすると、適度な自虐でバランスを取る点も印象的だったが、一つだけ、記事から伝わらないことを挙げるなら、インタビュー中、1.5メートルほどの距離で正対した、こちらの目を見て視線を外すことなく、自分の思いを伝えてきた。こんなところにも「笑わない男」の奥深さを感じ、稲垣啓太の人柄を見た気がした。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)