稲垣啓太ら日本代表多数のパナソニック、14人でキヤノンを圧倒

 ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は2日、キヤノン―パナソニック戦が東京・町田GIONスタジアムで行われ、パナソニックが51-17で開幕4連勝を飾った。昨秋のワールドカップ(W杯)日本代表では、パナソニックはPR稲垣啓太、HO坂手淳史、SO松田力也、キヤノンはSH田中史朗、SO田村優が先発。パナソニックは開始直後に坂手が一発退場となったが、1人少ない状況で首位を守った。

 パナソニックがいきなり苦境に立たされた。ボールを持った坂手が、タックルに来た相手の顎付近に肘打ちをし、危険とみなされて一発レッド。主将の退場に場内からどよめきが起き、開始3分で1人少ない状況に追い込まれた。すると再開直後、キヤノンはFBエスピー・マレーが右サイドを突破。最後は相手タックルを振り切り、転がり込むようにトライを決めた。田村がコンバージョンを外したが、5-0と先手を奪った。

 しかし、首位のパナソニックが意地を見せる。10分にCTBディラン・ライリーのオフロードパスからCTBダミアン・デアリエンディがゴール右にトライ。松田がコンバージョンを決めて7-5と逆転した。16分にはFLベン・ガンターに代えて堀江翔太を投入。名前がコールされると、満員のスタンドから拍手が注がれた。

 22分には松田が約40メートルのペナルティゴールに成功。10-5とリードを広げる鮮やかな放物線に歓声が沸き起こった。しかし、徐々にボールを保持する時間が増えたキヤノンが波状攻撃。ゴール左、敵陣残り10メートルのラックから田中が右に展開し、素早いパス回しから最後はマレーが右隅にトライを決めて10-10とした。田村はコンバージョンを外した。

 35分には、フィールド中央でボールを持ち出した堀江がパスをつなぎ、ボールを持った松田がスペースに走り込んで約20メートルゲイン。ボールを受けたライリーがゴール目前で出したパスは、誰にもつながらなかったが、こぼれたボールをSH内田啓介が拾ってトライを決めた。15-10の39分にも素早いパス回しの末にFB野口竜司がトライ。松田がコンバージョンを決めて22-10で前半を終えた。

 後半もパナソニックがペースを握った。3分に松田のペナルティゴールで25-10。12分にはWTB竹山晃暉がトライを決めた。松田がゴールを成功させ、32-10と7人制代表で東京五輪を目指す福岡堅樹の不在を感じさせない力を発揮。だが、キヤノンも16分にWTB山田聖也が右隅に反撃のトライを決め、田村のコンバージョンで17-32とした。

 28分にもライリーが追撃のトライ。松田のゴールで39-17とし、着実にリードを広げていった。34分には敵陣ゴール手前でNO8ジャック・コーネルセンがインターセプト。そのままトライを決め、松田のゴール成功で46-17とした。今季全4戦で3トライ差以上の勝利に与えられるボーナスポイントを獲得し、勝ち点5を重ねて計20の単独首位。4季ぶりの優勝へ好調を維持した。

 第5節はパナソニックが東芝と、キヤノンがホンダと15日に熊谷ラグビー場で対戦する。(THE ANSWER編集部)