WBOの1位グリアと2位モロニーが対戦、ESPN記者「メインの勝者にチャレンジすることに」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。13日(同14日)には井上をプロモートする米興行大手「トップランク」も正式発表。全米にライブ配信するスポーツ専門局「ESPN」はアンダーカードなど、詳細を伝えている。

 井上のベガスデビュー戦。その全貌が明らかになりつつある。井上は現地時間、午後9時以降にメインを張るが、アンダーカードでも注目の試合が行われる。WBO同級1位ジョシュア・グリア(米国)と、WBO同級2位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)が対戦する。

 この試合について、同局のダン・ラファエル記者は「アンダーカードはシカゴのグリアと豪州のジェイソン・モロニ―が10ラウンド制で戦う。この試合の勝者はメインイベントの勝者に最終的にはチャレンジすることになるだろう」と井上―カシメロ戦の勝者へ挑戦する可能性があると指摘している。

 また前WBA世界スーパーフェザー級王者アンドリュー・カンシオ(米国)もトップランクデビュー戦で、WBA世界ライト級12位のタイラー・マクレアリー(米国)との対戦を予定している。(THE ANSWER編集部)