ダンクの5秒後、レブロンが相手も完全にノーマークな超長距離3P決める

 米プロバスケットボール(NBA)は1日(日本時間2日)、レイカーズの“キング”レブロン・ジェームズとペリカンズの怪物ザイオン・ウィリアムソンが2度目の対決。ザイオンは35得点をマークし、レブロンの34得点を上回ったが、試合はレイカーズが122-114で勝利した。第2クオーター(Q)では圧巻のスキルの応酬が繰り広げられるシーンが。ザイオンがド派手なダンクを叩き込めば、その直後にはレブロンが超長距離の3ポイントシュートを沈める実際のシーンを、米メディアが動画付きで公開。100万回を超えて再生されるなど、大反響を呼んでいる。

 わずか16秒間の攻防だったが、見ごたえ十分だった。第2Q、残り37秒の場面だ。まず魅せたのはザイオンだ。ペイントの左脇付近でボールを受けると、対峙していたクズマをかわして右手一本で豪快ダンク。ペリカンズのリードを3点に広げたが、その5秒後だ。

 今度はレブロンがやり返した。敵陣に進入した直後に狙った。対峙した相手も完全にノーマークの、超長距離の3Pシュート。これを美しく沈めて、すぐさま追いついて見せたのだ。

“剛”のザイオンに対して“柔”のレブロン。米ESPNのスポーツ情報番組「スポーツセンター」の公式ツイッターは「ザイオンが強烈なダンクを叩き込めば、レブロンがすぐにバーボン・ストリートからの3Pでお返し」とオシャレなキャプションを添えて投稿。ファンも異次元の攻防に興奮を隠しきれないようだ。

異次元の応酬にファン興奮「もっとたくさん試合してくれない?」

「この試合すごい。もっと見たい」
「この試合面白すぎ」
「このマッチアップはプレーオフ1回戦で見たい」
「NBA17年目でこれ」
「レブロンが来るぞー」
「この2チームもっとたくさん試合してくれない? これは楽しい」
「これこそがレブロンが史上最高の選手である証」
「レブロンを怒らせるな」

 レブロンは34得点、12リバウンド、13アシストでトリプルダブルを達成。まだまだザイオンには譲らないとばかりに貫録を見せつけていた。(THE ANSWER編集部)