薬物使用問題もあり3月中の試合中止が決定、今後の状況次第では2つの選択肢が

 新型コロナウィルスが日本のスポーツ界にもただならぬ影響を及ぼしている。日々刻々と変わる感染状況などを踏まえながら、一部順延されていたラグビートップリーグ(TL)は、9日に同月中の試合中止を発表した。選手の薬物使用問題が理由と説明されたが、ウィルス問題も踏まえた決定だったことは明らかで、4月からの開催の可否はいまだ見えてこない。

 今月予定されていた全国高校選抜大会、高校日本代表のウェールズ遠征、4月の7人制プレ五輪大会(アジアゼブンズインビテーショナルズ2020)なども軒並み中止が決まっている。昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会の盛り上がりを国内シーンに繋げようという勢いが減速し兼ねない事態に陥っている。

 日本ラグビー協会では、2月20日にTL終了後の5月23、30日に日本選手権を開催すると発表済みだ。この大会は、1963年の第1回からNHKが中継を続けてきた。ラグビー人気の低迷期も含めて、常に全国ネットで中継された経緯もあり、協会ではNHK側への相当な配慮がある。放映スケジュールが決まっている現段階での日程変更が難しいのが実情だ。今年度の日本選手権の出場チームはTL上位4チームということも踏まえると、TLの日程変更、順延は難しい。

 今月中にウィルスの感染が急速に低下しなければ、日本ラグビー協会はTLの開催に2つの選択肢を迫られることになる。1つは試合の中止であり、もう1つは無観客試合だ。もちろん日本ラグビー協会、TL運営サイドは、現時点では今後の通常開催をめざしているわけだが、一部の関係者は2つの選択肢について、こう触れている。

「中止と無観客という2つの選択肢では、安全面や現状の濃厚接触を減らすべきという観点で考えると、無観客試合にも問題点がある。政府も多くの人間の接触を控えるように声をかけている中で、多くが企業の社員である選手が濃厚接触する試合をすることにも議論がある」

“自粛ムード”だからこそ「試合をすることで社会に発信できるものがある」

 万難を排すれば、接触をしない「中止」という考え方が優先される可能性があるということだ。しかし、あるチーム関係者は異なる視点から現状を見つめている。

「いま、社会は感染を抑えるため、さまざまな行動を自粛するような流れだ。だからこそラグビーが、試合をすることで社会に発信できるものがあるのではないか」

 休校が子供たちだけではなく親にも影響や負担がかかり、大人の世界でも仕事上の制限が起きていることで社会に閉塞感が漂う中で、たとえ無観客であっても、テレビ中継を通じてラグビーをお茶の間に届ける価値があるという意見だ。

「予定された日程で無観客試合をやってもいいし、大きく日程を崩して、平日に1試合ずつ開催してテレビやネットで中継すれば、子供たちやテレワークで在宅勤務の父母などにも見てもらえる」

 現在、多くのラグビー中継はJスポーツのような有料放送でしか見ることができない。このチーム関係者は、「放映会社サイド、ラグビー協会やTL参画チーム・企業も交えた協議で、通常より廉価で中継を見れないだろうか。こういう危機を普及のチャンスに転じることも考えていきたい」と逆転の発想を訴える。

 この無観客試合実現の声には、また別の背景もある。ラグビー界は昨秋のRWC日本大会の成功で、過去にも、他競技にもないほど関心が高まっている。開幕6節までの総入場者はすでに40万人を超え、前年度の46万人に肉薄。年間目標とした60万人という総観客数の7割近くを集めているのだ。多くの日本代表選手、W杯を盛り上げた海外強豪国のスター選手がプレーする今季のリーグを自粛や中止で「0」にしてしまえば、この熱量を効果的に今後に繋げるのは難しいという危機感もある。

現場から上がる声「最悪の場合は自分たちのグラウンドで試合をしても」

 同時に、強化という観点でも検証が必要だ。2019年W杯で日本代表は過去にないベスト8進出という好成績を残したが、これが1年や2年の強化で達成されたのではないことは関係者なら誰もが認めるところだ。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチが昨年11月の続投決定時に「次のW杯に向けての準備は今日から始まっています。2023年のOne Teamの一員になりたいと思っている若い選手たちの皆さまも、今日から挑戦を始めることが大切」とメッセージを発信したように、大会翌年から選手の強化が始まり、チームのレベルアップには、従来になかった新しい力の発掘が欠かせない。

 今季のTLには、先のW杯で活躍した日本代表メンバーをはじめ、ニュージーランド代表主将のNO8キアラン・リード(トヨタ自動車)、優勝した南アフリカ代表NO8ドウェイン・フェルミューレン(クボタ)ら一流選手が集まっている。才能を秘めた若手選手たちを、その世界レベルの選手たちとの真剣勝負で経験を積ませ、6月末から始まる代表戦でメンバーに選出することが、3年後のW杯フランス大会へ向けた日本代表の進化に大きな意味を持つ。

 無観客試合を行うためには、入場料収入が0円の試合に、会場使用料や、試合運営スタッフなどの人件費もかかる。協会やチームの出費は避けられない。だが、ラグビーにはプロスポーツの興行ではないことのメリットもある。チームは入場料収入で運営されているわけではなく、無観客でもJリーグ、NPBほど“痛手”は深刻ではない。あるチーム関係者からは「試合のための移動や宿泊費はシーズン前から計上されている予算だし、無観客なら会社とチームが協会から購入する社員用チケット購入の出費はなくなるし、最悪の場合は自分たちのグラウンドで試合をしてもいいのでは」という意見も聞いた。

 試合を主管するラグビー協会には、ラグビーブームによる大幅なチケット収入の増加がなくなることや、試合会場での看板などによる広告収入、無観客試合になることで生じる可能性のある放映権料の変更など問題はあるが、大局的な判断が求められるのは、昨秋のW杯で国内で起きた大きな熱気を、どう継承していくかだろう。

 グラウンド内外で生じるコスト問題と、ラグビーがどう社会と関わっていくのか、そして日本ラグビーの進化という課題を、どうハンドリングしていくのか。ウィルス感染という“国難”で、ラグビー協会に、主導権を持って乗り越えなければならない課題が突き付けられている。(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

吉田 宏

 サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。