「CBC」単独インタビューに登場、日本語&英語で現在の思いを語る

 カナダ公共放送「CBC」は16日、公式サイトでフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)の単独インタビュー動画を公開。日本の誇る五輪連覇王者は、10分間にわたって日本語に英語も織り交ぜ、フィギュアが好きである理由や自身を支えるファンに対する思いを明かしている。

「CBC」公式サイトは「フィギュアスケートのスター、ユヅル・ハニュウは世界一になるための感動的な旅を共有した」のタイトルで動画を紹介。新型コロナウィルスの影響で中止となったが、モントリオールで予定されていた世界選手権に向けて行ったものを公開したようだ。

 フィギュア界の盟主として思いを語った羽生。印象的だったのは競技に対する愛だ。「フィギュアスケートは1人で、大きなリンクで滑ることができて、皆さんがそれを見てくださる。それがすごく特別だなって思いますし、ほかの競技だったら、1人だけを見てくれるってことがあまりないかなと思います。あとは表現したいことを表現するということができないかなって思うんですよね。だから、フィギュアスケートはすごく特別だなと思うし、フィギュアスケートがすごく好きだなと思いますね」と話した。

 その上でファンに対する思いも吐露。「いろんな方々が、僕の演技を見た時に勇気を感じたとか、何か幸せになったとか言ってくれて、それが自分にとってのスケートのモチベーションだと思ってますし、それが僕が今スケートを最後までやり通す意味になっているなって思います」。五輪連覇し、25歳となってなお、後押ししてくれる声援が第一線を走り続ける原動力になっているようだ。また、「皆さんの期待に応えようとすることがやっぱり楽しいです」とも語り、続けて羽生は熱い胸の内と明かした。

ファンの期待に応える演技が「自分の人生にとっての使命だと思ってます」

「でも、それができない時はすごく悔しいし、すごく大変で。達成するためにはトレーニングもすごく積まなきゃいけないし……それも苦しいけど、その苦しさを乗り越えたら、きっとまた皆さんの期待に応えられる演技ができるかもしれないって思えるし、それが楽しいです。だから、自分にとって、自分の人生の使命だと思ってますし、その使命を最後までやり通したいと思います」

 日本語のみならず、英語でも回答した羽生。聞き手から「君は最高に完成されたスケーターです、技術的な能力、芸術性という点で」などと語りかけられると「僕はただスケートをしているだけですよ。リンクで皆に演技を披露することが好きなだけです」と笑い、謙虚に語った。「もちろんプレッシャーはとてつもない。だけど、プレッシャーは自分にとってエネルギーでもあります。そのエネルギーがスケートをする上で自分をより力強くしてくれます。実際、そのエネルギーを常に感じています」と話した。

 昨年の全日本選手権2位となった後の心境も語り、はい上がった今の胸中については「自分のためにスケートをしたいですし、フィギュアスケートが自分にとって何なのかを示せたらと思います。自分の人生をフィギュアに捧げたいですし、それが自分にとっての使命ですね。自分はスケートのために生まれました」と明かした。10分間にわたった貴重なロングインタビュー。世界選手権こそ中止となり、モントリオールのリンクで雄姿を見せることは叶わなかったが、やはり注目度は開催地でも抜群だったようだ。(THE ANSWER編集部)