2008年に代表デビューの2人「あれから12年も経ったのか」

 海外サッカー・トルコリーグ1部ガラタサライのDF長友佑都が17日、インスタグラムを更新。3月17日に31歳の誕生日を迎えたMF香川真司(サラゴサ)を祝福し、2ショット写真を掲載した。長らく日本代表を引っ張ってきた2人の写真に「いいショットですね」「最高以外に言葉がありません」など多くの反響が寄せられた。

 長い年月が経っても、友情は不変だ。長友は日本代表で共に試合に出場した際の1枚を投稿。サムライブルーを身にまとった香川は、勇ましい表情でガッツポーズ。ロシアW杯期間中、金髪ヘアにしていた長友は背番号10の肩に手を添え、右手で拳を突き上げている。関係性が伝わってくる2ショットだ。

 12年前の2008年、国際親善試合のコートジボワール戦でともに代表デビューを果たして以来、長らく世界を相手に戦い続けてきた2人。長友は「Happy birthday my bro」と祝福。「真司が19歳の時に初めて代表で出会ったな。あれから12年も経ったのか。ブラザーよ、逞しくなったな!笑 おめでとう! これからもよろしく!」とメッセージを送っている。

 この投稿には6万件超の「いいね!」がつき、「いいショットですね」「最高以外に言葉がありません。仲間を大切にしていきたいと思えました」「たくましい!!!」「いいコンビですね。ずっと応援してます」などコメントが並んだ。(THE ANSWER編集部)