羽生は2月の4大陸選手権で初優勝、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇

 カナダ・モントリオールで18日に開幕予定だったフィギュアスケートの世界選手権は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、中止となった。羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)らが世界の強豪と戦う頂上決戦は幻に。予期せぬ形で今季終了となったが、国際スケート連盟(ISU)は公式サイトで、2月の4大陸選手権で男子初の「スーパースラム」の快挙を達成した羽生について振り返っている。

 快挙は今も心に焼き付いている。韓国・ソウルで行われた4大陸選手権。羽生はSPで「バラード第1番」、フリーで「SEIMEI」という平昌五輪を制した演目を再演。合計299.42点をマークし、初優勝を飾った。これにより、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」という男子初の快挙を達成した。

 SPでは世界歴代最高得点となる111.82点を記録するなど、観客を魅了した羽生について、ISUは公式サイトに掲載した記事で「ユヅル・ハニュウは最も成功しているスケーターと言える」と称賛。4大陸選手権での演技について、こう記している。

「日本のスターはショートプログラムで極上の演技を見せ、世界最高記録の111.82ポイントを叩き出した。フリープログラムの『SEIMEI』の演技はパーフェクトではなかったが、変わらない力強さを見せつけ、優勝した」

 男子66年ぶりの五輪連覇を達成するなど輝かしい実績を誇る羽生だが、4大陸選手権の優勝はこれまでなかった。ISUは記事で、羽生が語った言葉を次のように紹介している。

「勝ったことで安心というか、ホッとしています。4大陸選手権は私が参加する大会の中で、最も勝つことが難しい大会だったからです。だから最終的にこのタイトルを獲得できたことが本当に幸せです」。ファンにとっても念願だったタイトルを、本人も喜んでいたことが伝えられている。(THE ANSWER編集部)