異色の人生を歩む元横浜FMの34歳MFが自らつづる連載「中町公祐アフリカ挑戦記」

 昨年1月、ザンビアリーグのZESCOユナイテッドFCに移籍した中町公祐。異例のキャリアを歩む34歳が人生を振り返り、自らの言葉で想いをつづる連載「中町公祐アフリカ挑戦記」。第5回は「私、所属チームなくなりました」。

 新型コロナウイルスが感染拡大する中、リーグ戦が中断に突入していたが、突然、所属チームがなくなる事態に。いったい何が起きたのか、その舞台裏をレポート。また苦しい立場に追い込まれてなお、前向きな思いも明かした。

 ◇ ◇ ◇

 全世界でコロナウイルスが猛威を振るっていますね。世界のあらゆる地域でイベントやスポーツの開催が中止や延期になっています。

 ザンビアプレミアリーグも国からのスポーツイベントの自粛要請に伴い試合が中断している、と思われます。相変わらずこの国で正確な情報をキャッチすることが非常に難しく、またあらゆる場面に置いて決定が変化するので「この前、こう言ってたじゃん」なんて感覚は持ち合わせず、柔軟な対応とメンタルの持ち様が常に求められます。

 世界的にも今回のコロナウイルスの様に正確な情報がどれほど重要でどれほど価値があるか、現代の世の中では大事な要素の一つですね。

 人類が手を取り合い、困難な今の状況を打破しなくてはならない中、私、中町は所属するチームがなくなりました。

 なくなったというといろんな捉え方ができるかもしれませんが、チームは存続しております。自分がチームを離れました。離れた? 離れなくてはならない状況になってしまった? この2020年が明けてから何が起きたか。今回のコラムはそこをテーマに話させてもらいます。

 ザンビアプレミアリーグは2019-2020年シーズンよりヨーロッパと同じシーズン時期の開催に移行したため、日本のJリーグとは違い、年末年始も公式戦を行っていました。

 自分自身としては2019年の終わりから2020年の年明けにかけてかなり調子も上がっており、チーム内での手応えも十分だったので、チャンスをものにしようと虎視淡々と狙っていました。

 前節では後半ラストの数分間での出場で(自分で評価しますが)ザンビアではあまり見られない柔らかいパスでアシストを決め、周りからの反響も大きく変わった1月早々の試合。後半開始早々に出場、そして数分で負傷退場。顔に大きな傷を負ってしまいました。

 相手ともつれた際相手のかかとが振り下ろされ、目の下をヒット。一目見て続行不可能、自分でもこれは無理だなと思うほど深い傷だったので、そのままピッチの外へ。ベンチ横で医療用ホッチキスで5針バチっと。

 若かりし頃の自分なら顔に大きな傷を負ってしまったことにショックを受けていたかもしれませんが、今回は何よりもチャンスを掴みかけていた矢先に、それをものにできなかったことが何より痛いというもどかしさが先にきましたね。負傷部分がえぐり取られる様なものだったので、結果的に完治し、復帰するまで1か月かかる怪我となってしまいました。

 結果としては、この怪我が自分のチームでの立場を確定的にしたのかなと、今は思っています(不可抗力の怪我ではあったのですが)。

復帰目前に「今から来てくれないか?」と電話、告げられたことは…

 1月の終わり、チームの公式戦を土曜に観戦し、その際チームドクターと話し、次の月曜からいよいよ復帰しようと話し合った翌日、ゼスコのチーム関係者から「今から来てくれないか?」との電話がありました。たまたま家にいたので、すぐにゼスコの会社の施設に行くと、チーム関係者であるお偉いさんがズラリ。

「契約をこのタイミングで解除する方向で考えているんだけど、受けてくれないか? チームはあなたの給料を払うことができない」

 ここで一つ確認しておきたいことは、私はチームに2年契約を結び、加入しました。ということは2年間は自分の権利として保有しているわけですね。チームは2年間分の給料を払う義務があります。契約社会においては当然のことと思いますが……。

 まあ、自分の中では何もなく呼ばれることはないと予測してたので、良くてレンタル移籍の打診があるかなと思っていましたが、少し悪い方向に出ましたね(笑)

 加えて、チームとしては半年分の給料を3か月で払うから、この条件で呑んでくれないかと。私もプロサッカー選手として十数年やっていますし、そのほとんどをエージェントと呼ばれる代理人をつけないで自ら交渉してきたので、そこまで焦りもなく。

「そちらの言い分は理解した。とりあえずチームが払わなくてはならない契約金の残りと、他のお金を全てそちらが払ったら交渉のテーブルに着きましょう」

 とだけ言い、部屋から出てきました。

 ヨーロッパでも選手の残り契約年数が残っていながら選手に見切りをつけ、戦力外になることというのは容易に起こり得ることです。選手自ら自分の立場に不満を抱き、チームを離れるのか、はたまた試合に出場できる登録外になってもチーム練習に参加して、次の移籍のウインドーが開くまで待つのか。

 自分の中では怪我して復帰するタイミングでもあったので、チームと交渉しながら考えて行こうかなと思ったのですが……。

 翌日の練習日。まずは練習前に監督からのコメントというのはどのチームも一緒だと思いますが、監督が言いました。

「ここから試合が続くし、怪我人も増えてきているので、体のケアをしっかりすること。そしてもう一つ、チームから離れる選手がいる。今日来てない2人とコウスケ・ナカマチだ」

 ちょっと待ってくれよと(笑)前日に言われたばかりだし、それに納得してサインもしてないし。一方的にチームにいられない状況を作られてしまったわけですよね。先述したように、自分としては復帰するタイミングでもあったので、練習しながら……と思っていたので、これには驚きました。

 思わず、その円陣が解かれた後、監督に「今日の練習参加していいか?」って聞きに行きましたからね。監督は「sure」って言いましたけど。「なんのsureだよ」と思いながら(笑)

 結果としては、そんな状況で紅白戦などに使ってもらえる状況には到底ならず、練習場に行っても無駄だなと思い、チームの練習に参加せず、自主トレすることにしました。そして現在、全くチームとの話し合いは進んでおりません。

全く悲観的にならず「むしろ、自分の人生を歩んでいるな」と実感

 これが今の自分の現状です。

 ただ、自分としては全く悲観的にはなっておりません。むしろ、自分の人生を歩んでいるなという実感すら湧いています。

 もう一つ言いたいこととしては、自分はアフリカという土地、アフリカのサッカー、アフリカの人々の悪い部分を伝えたいということではないということです。

 今回、自分はゼスコユナイテッドとはこのような関係に置かれていますが、それも何らかの事情があるでしょうし、いまだチームに参加していなくても給料はきっちり支払われています。

 同じ街に住んでいるので街に出ると、多くの人に声を掛けられ、「お前はgood playerだから早く試合に出てくれ」と言われます。元チームメートも自分のプレーを認めてくれているので、心配の電話もしょっちゅう来ます。

 結論から言うと、このような状況でもアフリカ、そしてザンビアという国が好きだという気持ちに変わりはありません。そして、アフリカの人々の素晴らしい部分がとても素晴らしい自分にとっての人生経験になっています。

 現在は所属チームがない状況ではありますが、もう少しこのアフリカ大陸というのを優先して自分の未来を切り拓いていきたいと思います。いきなり日本のチームへの加入となったら、その時はまた経緯を説明させて頂きます(笑)

 最後になりますが、コロナウイルスで世界を巻き込む大変な状況の中、フットボール、そしてスポーツが人々に与えるパワーを私は信じています。またいつもの日常を取り戻せるよう協力し合い、この困難を乗り越え、コロナウイルスに打ち勝ちましょう!(ZESCOユナイテッドFC・中町 公祐 / Kosuke Nakamachi)