シャラポワさんがツイッターで電話番号公開「本物よ。どう過ごしているのか教えて」

 2月に現役を引退した女子テニスの元世界ランク1位マリア・シャラポワさん(ロシア)が、ツイッターで電話番号を公開した。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が求められる状況。海外メディアは、シャラポワさんが孤独を抜け出すために「かなり珍しい手段を取った」「コロナウイルスによる孤独に苦しんでいる」と報じている。

 元女王がまさかの行動をとった。世界中で蔓延する新型コロナの影響で外出制限中。シャラポワさんは動画付きでツイッターを更新した。文面には「メッセージを送って!」と記して電話番号を公開。「本物よ。どう過ごしているのか教えて。私への質問でもいいし、ハローだけでも」などとファンへ呼び掛けた。カメラに顔を近づけ自撮りで語る姿は、日本でもお馴染みの美しさ。日本時間4日に投稿された動画内でこうコメント(一部抜粋)している。

「皆さんこんにちは。ハッピーフライデー! でも今の世の中、この言葉にどんな意味があるのでしょうか。私は皆さんと関われる方法を考えてきました。なぜなら先週ビデオ通話でQ&Aを行いましたが、とても楽しくて、たくさんの人が見てくれたからです。

 私はもっと皆さんと繋がりたいです。今、皆さんは隔離され、人との距離を感じて生きていると思いますが、だからこそ、この取り組みは大きな意味があると思っています。だからこのアイデアを伝えたいです。では言います。皆さんが考えていることをメッセージにして送ってください。私の電話番号がありますよね。その番号にメッセージを送ることができます」

海外メディアも注目「ウイルスで孤独に苦しむ」「直接コンタクトを呼び掛け」

 電話ではなくメッセージを求めたシャラポワさん。この行動にドイツのスポーツ専門局「Sport1」は「シャラポワ、電話番号をばらす」の見出しで報道。「元テニススターのマリア・シャラポワもコロナウイルスによる孤独に苦しんでいる。そこで、ファンとコンタクトを取るためにかなり珍しい手段を取った。SNSでいきなり電話番号を公表した」と記している。

 スペイン紙「マルカ」も「社会に対しイニシアティブを取り、直接コンタクトを取るよう呼び掛ける」と伝えた。シャラポワさんのツイッターには、ファンから「信じられない」「世界中の人がつながれるようになった」「そうだよね。ポーランドも同じ」「きっとステキなメッセージが届くはず」などと反響が集まっている。

 動画の最後にシャラポワさんは「メッセージを送ってくださいね、そして返事を待ってください。さあやってみてください」と投げかけた。実力と美貌を兼ね備えていた元女王が、再び注目を浴びているようだ。(THE ANSWER編集部)