元早実エースの26歳・内田聖人が転身、「ピッチング・ストラテジスト」とは

 目の前のコーチが150キロ近い直球を投げてみせる。うなりをあげながらミットに収まる剛速球。衝撃音が響く。見守る野球少年たちは沸き上がり、目を輝かせた。バリバリの生きた球を投じたのは、名門・早実でエースナンバーを背負った男だった。

 内田聖人、26歳。濃密な野球人生を突っ走ってきた。球歴を知るファンも多いだろう。静岡・伊東シニア時代に日本代表に選ばれ、早実に進学。2年夏に甲子園のマウンドを踏むと、3年夏は背番号1を任された。「斎藤佑樹2世」とも呼ばれ、西東京大会決勝で後に甲子園を制覇する日大三と対戦。1-2で敗れはしたものの、強力打線を9回2失点に抑え、剛腕を振って戦い抜いてきた。

 プロ入りを目指していた早大で日本一を経験。着実に階段を上り、輝かしい実績を積み上げた。しかし、社会人、米挑戦と紆余曲折の末、昨秋のNPBドラフト会議で指名がなく、「最速150キロ」の名刺を持ったまま選手生活に区切りをつけた。11月に野球の専門的な指導を目的とした「NEOLAB(ネオラボ)」という事業を立ち上げ、自ら代表に就任した。

 米球界で近年増えつつある肩書き「Pitching Strategist(ピッチング・ストラテジスト)」を生業とし、第二の人生で投球指導をしている。

「やりがいがありますね。本当に大袈裟じゃなく、朝起きてから寝るまで野球のことを考えています。今までは自分の野球のことを考えればいいので、意外と野球以外の時間があったんですけど、今は人のことが中心の生活。朝起きてから寝るまで、野球のことを考えている時間がめちゃくちゃ長いです。ほとんど考えています」

 日本語にすれば「投球戦略家」。従来は指導者が分かれていたトレーニング、テクニックの部分を一括して担当し、ピッチングに留まらず、野手のスローイングもトータルでコーディネートしていく指導者だ。

 今はSNSを漁れば投球画像や映像が無数に溢れている時代。内田は「そういうところで『あっ!』と気づくことがある」と何気なく目に入ったものでさえも疑い、本当に正しい姿なのか考察する。“ボールを投げること”について日々研究しているのだ。

「現場で自分がどうこう言う立場になると、裏付けがないといけない。情報がありふれているので、今の子たちは『なぜか』という部分をしっかり掘り下げていく必要がある。毎日新しく勉強しないといけないと思わせてくれる。現役で自分のことをバリバリでやっている時よりも、野球のことを考えている時間は長いかもしれない。でも、やっぱり野球が好きなんじゃないかなと思うので苦ではないですね」

 言葉、表情から充実感を溢れさせる剛速球右腕。12月以降、プロアマ問わずオファーがあれば駆け付けた。プロの自主トレから、社会人、大学生、下は中学生も。3月までの4か月間で約50人のスローイング指導を請け負った。これとは別に首都圏を中心に高校3校、大学1校からも依頼を受けて契約。今は新型コロナウイルスの影響で制限されるが、野手のスローイングも含めて直接指導していた。

「基本的にスローイングに関しては野手も一緒。うまくアドバイスして、自分が伝えたことが選手間で回ってよくなれば。今風ですが、LINE上でやり取りしています。監督さんからも言われているのは『精神的な部分もフォローしてくれ』『一人の学生としてちゃんと導いて』と。こういう名前(ピッチング・ストラテジスト)でやっているけど、投手、野手関係なく万遍なくやっていますね」

 欠かせないのは、最新鋭の投球動作解析システム「ラプソード」とハイスピードカメラだ。球速に加え、回転数、回転軸、回転効率、リリースポイントなども数センチ単位で計測でき、定期的に測ることで調子のバロメーターにもなる。プロ野球でも多くの球団が導入したが、数字の意味を理解し、使いこなすのは簡単ではないという。

「実際に自主トレレベルでラプソード使うのは、日本のプロ野球レベルでもできてはいない。そういう意味ではある程度、選手のニーズとマッチしていたからうまくできているのかなと思います」

早実時代は甲子園に出場し、マウンドを踏んだ【写真:本人提供】

ケガをせずに球速アップ、経験を駆使した唯一無二の指導法とは

 内田が芯に置く最大の指導テーマは「球を速くする」「肩を強くする」こと。さらに、これをケガをせずに実現させることだ。この大目標から「どうしたら打ちづらい球を投げられるか」に派生していく。しかし、野球界には球速を上げようとパワーアップを図り、無理を強いてケガをする選手もいる。内田も早大3年時に右肘痛を発症し、思うように投げられない過去があった。

「自分自身も球が速くなって、そのまま順調にいくのかなと思ったらケガをしてしまった。球が速くなった時に、うまくなったのにケガをしたら意味がない。そこは両立させないといけない」

 社会人のJX-ENEOS時代に再起を期したが、2年目の17年オフに戦力外通告。社業として天然ガスの営業マンで働きながら、試行錯誤の末に150キロの豪速球を蘇らせるに至った。19年2月には有給休暇を使って米トライアウトに挑戦し、合格を掴み取った。結果的に米挑戦にも区切りをつけたが、ケガからの復活ロードを歩んだ経験が今の強みとなっている。

 経験を駆使して伝えるのは、球速アップとケガをしないことの両立。これには体の土台を利用するという。ウェートトレーニングやケアだけでなく、ムーブメント、柔軟性、可動域、体幹、流動性、モビリティーなど、自身が吸収した知識を統合。合わせて打者を抑えるために大切なコントロール、変化球も教え、「やりながら勉強させてもらっている」と最適解を持って伝えている。

 選手時代にぶつけた時間を指導者としての向上に費やす。内田の言葉が熱を帯びた。

「野球に限らずどうやって自分の体を思うように動かせるのか。今まで動かせなかった部分を動かせるようになってパフォーマンスを出せるようになった。自分自身まだまだですけど、そこでくすぶっている選手、眠っている選手がいると思うので、そこを引き出せるように。

 他ではなかなかできていないんじゃないかなと自負しています。例えばラプソードはそもそも持っている人が少ないですし、ピッチングには技術、フォームなど体の部分、さらにパワー、トレーニング(方法)、柔軟性、身体操作がある。今まで(の指導は)それぞれ分かれていたと思うんですけど、これをまとめないとピッチングにならない。

 これをしっかり融合させて指導ができている人は意外といないんです。だから、データでダメな部分を出して紐解いていく。パートごとだと選手がわからなくなってしまうので、各パートごとではなくトータルで伝えています。自分はトレーナーの資格を持っているわけではないので、今は人に頼りながらですが、体についてまだまだ勉強しないといけない」

 従来は分かれていた「技術」と「体」の指導を一括でできる内田流のピッチング・ストラテジスト。さらに絶対的な武器は、今でも目の前で150キロ近い剛速球を投げられることだ。最速150キロを投げるトレーナーなんて、そうはいない。選手に強烈なインパクトを与え、最大級の説得力を発揮する。

「ケガをしたから自分自身が速い球を投げられるようになった。今の時代は150キロが速いかどうかわからないけど、ケガからまた150キロを投げられるようになったし、そこに至るまでの過程があった。ただ寝て起きて速くなったわけではなく、努力をしたつもりです。この努力した部分を経験談として伝えていけるのは強みかなと思います」

自らが実験台、生徒に遠回りをさせない内田流「失敗は自分がします」

 選手時代に試行錯誤、取捨選択を繰り返した日々が経験となって指導に繋がる。脳みそをフル回転させる習慣は、今でも変わらない。受講者の中には「何がわからないかがわからない」という選手もいる。最近、内田が工夫しているのが左投げをやってみることだ。

「左で投げたらうまくいかないじゃないですか。そうすると、投げられない人の気持ちがわかる。そしたら『どうやって投げようか』『こう投げるためにはこれをどう言葉にするのか』など考える。みんながみんな同じ課題ではありませんが、一度うまくいってしまうと、うまくいかない人の気持ちがわからなくなってしまう。だから、うまくいかないことをやってみてから、自分で伝えています」

 自分自身が実験台。「選手にやってもらう練習は、とりあえず全て自分で実験してからやる」と決めている。トライ&エラーを繰り返し、効果的なものを提供。選手が一つの技術をどうしたら身につけやすいか考える。指導で生かされるのがラプソードとハイスピードカメラだ。データをかみ砕いて伝えることで「ここが変わったよって言えば、中身がマッチして選手も自信がついてくる」と手応えを感じている。

 12月以降、複数回指導した15〜25歳の選手は14人。未だ球速アップできていない2人を除き、約3か月で平均4.0キロアップに成功した。ある選手は8.1キロアップの149.6キロに。データ、数値の意味を丁寧に紐解いて伝えたことで、ひと冬で大幅な進化を遂げた。

 内田の今季最速は147キロ。常時、145キロ前後は計測し「ちゃんと練習したら今年は150キロを超えると思う」と自信を持つ。自分の練習に専念すれば、153キロ程度を出せる感触があるという。自らを実験台にし、選手に“生きた教材”を届けるためにも「最速の151キロ以上を出したい。自分のラプソードで測定した中では、今のところ自分が一番速いんですよ。『ちゃんと投げられているよ』という形でずっとありたいですね」と笑った。

 理論の土台は確立してきたが、日々、常識が変わっていく奥深き投球の世界。「常に新しい発見がある。常に過去の自分はもう少しできたかなと思うことの繰り返しです。今の若い子たちが『これを知れたら羨ましいな』と思うことをしっかり伝えること。そこがメインなのかなと思いますね」。自分はケガで遠回りしたからこそ、受け持つ選手には最短距離を歩んでほしいという願いがある。

「できるだけ選手がエラーをしないようにしたい。失敗して学ぶこともあるかもしれないけど、遠回りしないんだったらしないでいいのかなって。自分自身がケガをして学んだ部分があるから、失敗して気づくこともあると思う。でも、ケガはしない方がいいし、しないで気づける方がいい。

(指導者の目標として)プロ野球選手を何人か出すというのもいいですが、プロ野球選手になることが幸せとは限らない子もいるかもしれない。それは自分のエゴになるかもしれない。でも、成功体験って絶対に楽しいと思う。もしかしたら、プロに行ってもっと活躍していたかもしれない子が埋もれてしまうケースもあると思うんですけど、そういう子を極力伸ばせるようにするのが目先の目標かなと思います」

 自ら無限のトライ&エラーを繰り返す。導き出した知識を伝えるため、1月から野球データやトレーニングの専門家4人とオンラインサロン「NEOREBASE」を開設した。有料会員に対し、オンライン上で投球理論、ラプソードなどのデータ活用法、トレーニング論を提供、助言している新しい形の投球指導だ。米大リーグ・カブスのダルビッシュ有、ソフトバンク・千賀滉大、DeNA・櫻井周斗、中日・岡野祐一郎と竹内龍臣というプロの投手も加入し、話題を集めている。

「エラーは自分がします」

 ユニフォームは脱いだが、白球を手放すことはない駆け出しのピッチング・ストラテジスト。一人でも多くの選手を成功体験に導くため、今も剛腕を振り続けている。

(12日に「ダルビッシュ、千賀も加入 話題のオンラインサロン『NEOREBASE』とは」を掲載)(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)