新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は熱戦中のなんとも心温まる一幕。ラインアウトでボールキッズから受け取る際に南アフリカ選手がお辞儀し、少年を笑顔にさせた粋な対応の瞬間を大会が動画付きで公開。「なんて胸が熱くなるシーンだ…!!」「このさりげなさ。かっこよすぎる!」と反響を呼んだ。

 10月8日のグループリーグ、南アフリカが10トライを奪い、カナダに66-7の圧勝。決勝トーナメント進出を決めた一戦だった。

 試合中であっても、優しさを忘れない。そんなシーンを演じたのは、南アフリカのHOスカルク・ブリッツだ。前半、自軍のラインアウトの場面。ライン際に走った背番号2は日本のボールキッズからボールとともに、ボールを滑らないようにする布巾を受け取った。ここまではよくある場面だが、続きがある。ボール表面の拭いてボールキッズに戻そうとする、その時だった。

 布巾を少年に手渡すと、白い歯を見せ、お辞儀するように軽く頭を下げて会釈。感謝の意を伝えた。これには緊張した面持ちだった少年もぱっと笑顔が広がり、頭を下げた。ブリッツはすぐに真剣な表情に戻り、集中モードに入ったが、なんとも心温まるシーン。大会公式日本語版ツイッターは「試合中もボールボーイへの心遣い」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開した。

 すると、目の当たりにしたファンも反響を続々と寄せている。

ファン感激「この様な光景こそ『美しく尊い』ですね」

「素敵 ボールボーイ嬉しいね」
「優しい…なんてジェントルマンなラグビー選手」
「なんて胸が熱くなるシーンだ…!!」
「このさりげなさ。かっこよすぎる!」
「いいね、いい映像」
「この様な光景こそ『美しく尊い』ですね」
「紳士だ!」
「礼儀正しい!!」

 コメント欄では、このように感激の声が寄せられていた。立ち上がりから圧倒し、点差がついていた展開とはいえ、試合中にこんな優しさを体現できる選手はそういない。一度は17-18シーズンで現役引退しながら、ラッシー・エラスムスHCに請われ、現役復帰を決めたベテランならではの粋なふるまいは多くの日本人ファンの心に響いた。(THE ANSWER編集部)