連載「Voice――今、伝えたいこと」第22回、「健康」と「子育て」で活躍する元オリンピアン

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 22回はスピードスケートのショートトラックで五輪3大会に出場した勅使川原郁恵さん。引退後はテレビ出演をきっかけにウォーキングの認知度を高めたほか、22種の資格・免許を取得し、ヘルスケアスペシャリストとして活動している。また、乳幼児の成長をサポートするナチュラルボディバランス協会を立ち上げ、「健康」と「子育て」のジャンルで活躍中だ。

 ◇ ◇ ◇
 
「健康ウォーキング指導士」
「ウォーキングアドバイザー」
「姿勢アドバイザー」
「ノルディックウォーキング・ベーシックインストラクター」
「スポーツシューズスペシャリスト」
「ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター」
「ベジタブル&フルーツビューティーセルフアドバイザー」
「フードアナリスト」
「ナチュラルフードコーディネーター」
「雑穀マイスター」
「飾り巻き寿司インストラクター」
「食育インストラクター 」
「睡眠改善インストラクター」
「温泉ソムリエ」
「気候療法士」

 これらは、勅使川原さんが持っている資格、免許の一部だ。そのすべてを06年トリノ五輪を最後に27歳で引退した後に取得。「今は全部で22個になりました」と笑うが、これだけの数になったのは理由がある。

 現役時代、3度の五輪に出場した勅使川原さん。メダルには届かなかったものの、98年長野、02年ソルトレイクシティともに3000メートルリレー4位に入るなど、ショートトラック界の女子のエースとして長く活躍した。

 引退後は「スポーツを通じて得た経験を伝える側になりたい」との思いからスポーツキャスターに転身。様々な競技のアスリートらと触れ合う中で、一つの思いが芽生えてきた。

「アスリートはもちろん、社会で活躍する人にとって、一番大事なのは『健康』じゃないかと思うようになって。スポーツも、仕事も健康じゃないとできない。スポーツの楽しさ、プラス、皆さんの健康をサポートしたいと思って、勉強を始めました」

 数を記すと、その多さに目が行くが、何も「資格コレクター」をステータスにしたかったわけじゃない。一つ一つを見ていくと、狙いは明確だ。「そもそも新しい知識を得ることが好きだったんですが」と言った上で、勅使川原さんは明かす。

「健康になるためには『食事』『運動』『休養』の3つのバランスが重要と考えていて、それにまつわるものを取っています」

 改めて見ると、どの資格も3つのジャンルに分類されている。なかには珍しいものもある。例えば、「睡眠改善インストラクター」。聞いてみると「睡眠」の重要性について力説した。

「『休養』について、24時間のうち8時間くらい寝ると、1日の3分の1の時間になります。そう考えると、睡眠がすごく重要になってくる。寝る環境が良くないと、疲れも取れない。その質が大切になると思い、睡眠改善について調べていくうちに『睡眠改善インストラクター』があることを知り、勉強して取得しました。簡単なことで言うと、寝る前の携帯、パソコンの光を見ていると脳が活性化されてしまい、スイッチを切って体を休める状態になりづらい。

 白の蛍光灯をフルでつけているのも同じです。寝つきが悪い人は色をオレンジのものに変えたり、夜になると一つずつ消していったりすると、睡眠の入りがスムーズになります。光の問題だけではなく、服装も大切です。汗をかくので速乾性がいい素材、特に綿が理想です。あとは1日に運動をまったく取り入れないと寝づらくなる。夕方4〜5時の夕食前に散歩、ストレッチをするなど、一回でも運動することで眠りやすい体質に持っていきやすくなります」

 わかりやすく解説した口ぶりは、専門家のよう。しかし、あくまでこれは一例で「食事」「運動」「休養」にまつわる知識の成果が22個もある。こうも「健康」にこだわるのは、現役時代の経験と関係している。

スピードスケートのショートトラックで五輪3大会に出場した【写真:Getty Images】

「0.001秒」を争う世界で培った意識「成績を残すために食事にこだわった」

「アスリートは健康が結果に直結します。特に食べるものがわかりやすいと思います」と言い、説明する。

「健康を守るためには正しく栄養を摂ること。それが偏ってしまったり、摂りすぎてしまったりすると、パフォーマンスが落ちてしまう。それを現役時代にすごく感じていて、栄養が足らないと疲労回復がすぐにできなかったり、氷上のスピードが遅くなったりと、敏感に味わっていました。朝と夜に体重を量って体調管理していましたが、口に入れた摂取カロリーと実際に動いた消費カロリーにより、0.01キロでも増えてしまうと体に影響が出てくると感じました」

 とりわけ、スピードスケートは特殊だ。タイムスポーツにおいて「0.001秒」まで記録される競技は少ない。陸上、水泳も原則「0.01秒」。しかし、スピードスケートは1000分の1秒を競い、勝敗が分かれる。その分、体に対する感覚も繊細だった。

「競技自体が遠心力との戦い。スケートリンクが小さく(ショートトラックは1周111.12メートル)、体を傾けてコーナーを回ると、体が重くなれば、その分だけ外に振られ、タイムが遅れる。そういう感覚を現役時代に得たからこそ、成績を残すために食事にはこだわるようになった。中学時代からすごくシビアに研究して、栄養士の方にどう栄養を摂取したらいいかアドバイスをいただき、高校・大学は自分で積極的に学び、競技に生かそうと努力をしてきました」

 コンディションが競技成績に密接に結び付く競技だからこそ、研ぎ澄まされた「健康」に対する感覚。転じて、感染症と闘う今、外出自粛が進む世の中だからこそ、「免疫」「運動」といった観点から、一般の人たちも健康について考える機会が増えた。

 勅使川原さん自身は「基本は規則正しい生活」と日々の暮らしに気を遣っている。

「外に出られないと思うと、生活リズムが不安定になってしまう方も多い。しっかり早寝早起きをしていることによって体調が保てます。バランスも考えた方がいいと感じるのは『運動だけやればいい』『食事だけ考えればいいだけ』と考えがちなこと。食事、運動、休養のバランスを一つ一つクリアしていくことが大切に感じます」

 7歳と4歳の子供2人と午後9時に布団に入り、9時半には消灯。午前7時に起床する。「大人としては相当寝ている」と笑うが、大切にしているのは1日1回子供と一緒に家でできる運動で体を動かすこと。その際に心がけていることがあるという。

「『今日は何する?』と子供と一緒に運動を考えること。親が『しなさい!』と言うと、子供は『やりたくない』と反発してしまいやすい。子供と同じ目線になって『今日は○○したら楽しんじゃない?』と一緒に考えている。そうすると、親子のコミュニケーションができた上に、健康的に過ごすことができるんじゃないかと思っています」

 家で過ごす時間が増えたからこそ、意識する親子のコミュニケーション。一方で、今回は感染症とあって免疫力を高めることがウイルスから身を守る策の一つとされる。

「体温を高めないと免疫力が上がりにくいもの。じーっとパソコンを前にしていると、どうしても体温が下がります。少しでも体を動かしたり、ストレッチしてみたり、体を温めることで免疫力アップにつながる。ちょっとしたことでも体を動かすことを意識していただくと免疫力アップにつながると思います」

 日本が味わった未曾有の危機。友人と会えず、外出できない。社会活動も制限され、不自由な生活になった。しかし、元アスリートらしく、コロナ禍の暗い闇の中で光も見つけたという。

「今までは便利すぎる世界だったかもしれません。コンビニのように食べられるものが揃い、旬も関係なく何でも食べられるとか環境があると、体にいい食材、食べ物がわからなくなってしまう時代。ある意味、自分で畑を耕し、旬な食材を採って食べ、日が暮れたら寝る準備をする……そんな田舎暮らしの価値が高まる機会かもしれません。

 コロナの影響で外出できない期間が続いてきましたが、その分、食材を買って手作りの料理をしている人が増えていると思います。それが体にとって良いことであって、旬な食材を初めて知ることができたり、それを調理することができたり。今回の出来事は決してマイナス面だけじゃなく、プラス面の影響もあると思っています」

 コロナの影響で気づいた「健康」を形作るものの価値。だからこそ、25日に緊急事態宣言は全国で解除されたが「日常に戻っても意識の継続を」と呼びかける。

コロナ禍で考えるきっかけになった「親子のコミュニケーション」

 もう一つ、コロナ禍で考えるきっかけとなったのが、親子のコミュニケーションだ。

 主に乳幼児の心と体の健やかな育成をサポートするナチュラルボディバランス協会を立ち上げ、代表を務める勅使川原さん。自身も夫と子供2人の家族4人で暮らし、子育てに奮闘中だ。大切にしているのはスキンシップ。

 もともと明るく活発な性格ではあるが、コミュニケーション方法もまっすぐだ。

「おうちの運動も一緒にやろう、考えようと促すのはふれあいのため。ふれあいを作ることで親子の信頼感が増す。そうすると子供が愛情を感じられ、親への安心感が得られる。あとは寝る前に子供を全身マッサージしながら『大好きだよ〜』と感情を伝えると、すーっと寝ていく。『僕も大好き』なんて言いながら(笑)。子供の心理的にもいいんじゃないかと、特に意識しています」

 当たり前のようでも、つい疎かになってしまう愛情表現で親子の絆を育んできた。コロナ禍以前は夫婦そろって休みが取れた日には必ず外に出かけ、子供を思い切り体を動かして遊ばせきてた。そこに親も一緒に加わる。

「家族全員で体を動かしている。すごく元気な家庭かなと思います」と笑った。

「今はいろんな体験をさせる。ちょっとした危ないと思うことも、自由にさせることをすごく心がけています。親が『あれをしなさい、こうしなさい』じゃなく、子供が『何がしたい、あそこに行きたい』に沿って、一緒に挑戦をすることもある。もちろん、スポーツを習わせることもある。サッカーを今はやっていて、水泳も過去にやっていた。それも私が一緒にプールに行って、泳ぎを教えたり、ボールを持っていて公園で遊んだり、親子で一緒にやっています」

 徹底しているのは「押し付けない」。自身は大学まで経て、オリンピックに出場したアスリートだが、子供には必ず大学に出てほしいとか、スポーツで一流になってほしいとか、そういう思いは「全然ない」という。

「自由に生きてほしい。親の思い通りではなく、子供の思う人生を歩んでほしい。なので『子供』じゃなく、一人の『人間』『個人』として尊重してあげたい。押しつけではなく、柔軟に対応できる子に育ってほしい。ということは親が柔軟な対応をしないといけない。とにかくいろんなことに挑戦させて、海外に行きたいというなら『いってらっしゃーい』と送り出してあげられれば」

 こうした価値観は自身の体験に基づいている。「あんな風に滑りたい」と2人の姉の背中を追いかけるようにして、3歳から始めたスケート。決して“スポ根マンガ”に出てくるような家庭ではなかった。

「本当に自分がやりたいことをやらせてもらった感じ。スケートは本当に好きだったので、とことんやらせてもらった。両親から言われたのは『スケート、好きか?』ということだけ。『嫌い』と言うなら、すぐに辞めさせようと思っていたみたい。でも、結局、私が好きで長続きしたので、結果を出すことにつながったのかなと思います。

『スケートをやれやれ、絶対休むな』ということはなく、ごく普通の家庭で『練習、一緒に行こう』というだけ。親が連れていってくれた後、私は勝手に一生懸命、練習をやっている。親にガミガミ言われなかったことが私にとっては良かった。自分で判断する、自分でやりたいものやる。それは自分の中で考えることができて、すごく感謝をしています」

 ヘルスケアのスペシャリストとして、一人の母として日々奮闘している勅使川原さん。「健康」と「子育て」の両輪で講演活動など、活躍の場を広げている。今後に向けた思いも熱い。

「健康の基本になるスポーツとの関わりで大切になるのが子供の0〜6歳の環境。その期間に運動能力の基礎ができるので、その年代の教育環境を整えることに貢献していきたい。親が子育てを学ぶ場所も大事。お母さんは子どもを生んだらママ1年生。今は携帯で情報も出てきますが、実際に人と人がコミュニケーションを取り、触れ合うことで学べることの方が多い。親子で学べる場所をどんどん作っていきたいと思っています」

■勅使川原 郁恵(てしがわら・いくえ)

 1978年10月27日生まれ、岐阜県出身。3歳からスケートを始め、中2で全日本選手権総合優勝、高1から5連覇を達成した。五輪は98年長野から3大会連続出場。06年トリノを最後に引退後はスポーツキャスターに転身。NHK BS「街道てくてく旅」に出演し、中山道・甲州街道完全踏破。07年から3年間、日本ウォーキング協会親善大使を務めた。現在は「健康」と「子育て」を軸に活動中。ナチュラルボディバランス協会代表としてYouTubeで動画も発信している。

(第23回は元女子マラソンの千葉真子さんが登場)(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)