村田を絶賛「日本で最も認知されている個人競技のアスリート」

 ボクシング界のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で最強と評価される4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)。カネロのプロモーターがWBA世界ミドル級正規王者の村田諒太(帝拳)との対戦を望み、「日本で最も認知されている個人競技のアスリートの1人」と絶賛しているという。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

 夢の対戦は実現するのか。「彼は海外でファイトをしたがっている。我々は日本、メキシコ凱旋、そして、英国で戦う交渉を進めていて、彼はその全ての選択肢を検討している。引退前に、彼は海外で戦うことになるだろう」と話しているのは、カネロのプロモーターでゴールデン・ボーイ社のエリック・ゴメス社長だった。

 目的は国際的なブランド力向上。「彼のブランドの問題だ。ただ米国内で戦うのではなく、より大きな国際的なスターになりたいと彼は求めている。今よりももっと大きなスターになりたいと希望している。世界中にファンがいるが、そこを足掛かりにしていきたい」とゴメス社長は話している。

 56戦のキャリアを誇るが、米国と母国のメキシコ以外では試合経験のないカネロ。村田は有力な対戦候補の一人という。

ブラントが証言「彼はレブロン級の存在だ」

 記事では「日本にはムラタという自前のボクシング界のスターがいる。ハンサムで、カリスマ的な個性の持ち主」と人気ぶりを紹介。「カネロにとっては、ムラタはアジア市場解放の鍵を提供する」と分析している。

 さらに村田と2度世界戦で戦っている前WBA世界ミドル級正規王者ロブ・ブラント(米国)の証言を紹介している。

「彼は日本でレブロン・ジェームズ級の存在だ。記者会見に行った時には、自分の駆け出し時代の試合よりも多くの人が来ていたんだ」

 ブラントは米国と日本で村田と対戦。その絶大な人気を肌で感じたようだ。

 記事では「カネロはアジアを見据えている。ムラタは魅惑の対決の最優先のターゲットだ」と分析していた。これまでも対戦の噂が流れていた両者。実現なら日本ボクシング史に残るメガファイトとして注目を浴びるのは間違いない。(THE ANSWER編集部)