現世界王者ホワイトはタイソンの試合勘を疑問視

 エキシビションマッチでの復帰へ向けて調整を進めているボクシングの元ヘビー級3団体王者マイク・タイソン氏(米国)。各方面から大きな注目が集まっているが、現役の世界王者からは懸念の声も上がっている。英ラジオ局「トークスポーツ」電子版が伝えている。

 53歳とは思えない引き締まったボディーや、キレッキレのミット打ちなどを披露し復帰戦のパフォーマンスに期待が高まっているタイソン。だが、やはり久々のリング復帰へ懸念する声もあるのが現実だ。

 タイソンを心配しているのはWBC世界ヘビー級暫定王者ディリアン・ホワイト(英国)だ。WBCのマウリシオ・スレイマン会長がタイソンと、現役のWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)との対戦の可能性を認めていることを受けて、ホワイトは「馬鹿げた復帰」を奨励すべきではないと主張している。

 同局に対してホワイトは「もしリングに復帰して死んでしまうようなことがあればどうする? そこからどうなるというんだ?」と話しているようだ。

 ホワイト自身はタイソンへのリスペクトを示している。だからこそ再びリングに上がることで、深刻なダメージを負うことにならないかと警告も発している。

かつての最強ボクサーも53歳「頭では分かっていても、体が反応しない」

「インスタグラムに誰かが投稿した1分の動画を見るのなら良い。ただ、リングに戻って3分12ラウンドを戦うとどうなるか……。未だに何人も倒せる力があるなんて誤解しないで欲しい。あの年齢だと、頭では分かっていても、体が反応しないだろう」

 トレーニングではいかに動けても、本番になれば違うとホワイトは強調している。

 タイソンの相手にはかつての因縁の相手イベンダー・ホリフィールド氏(米国)らの名前も上がっており、ヘッドギアを装着した3ラウンドマッチなどの見通しも伝えられている。だが、リングで戦う以上は常に危険がつきまとうのもボクシング。レジェンドに対する心配の声が上がるのも当然だろう。(THE ANSWER編集部)