「スポーツと政治を混同させるな」の声に反論「これは人間の権利に関わる問題だから」

 白人警官の不当な暴力によってジョージ・フロイドさんが亡くなったことで、米国のみならず世界的に抗議活動が広がっている。日本でも7日に大阪府の中之島公園から人種差別反対行進が行われるが、テニスの大坂なおみ(日清食品)はこれを支持。しかしこれに対して一部のユーザーからは否定的な声が上がっていた。再び大坂はツイッター上で持論を展開している。

 今回の件以外にもしばしば議論を呼ぶ、スポーツと政治の関係。大坂自身、人種差別抗議に賛同しているが、これに対してSNS上の一部のユーザーから「スポーツと政治を混同させるな」との声が上がっていた。

 これを受けて大坂は「アスリートは政治的に関わるな、ただ楽しませればよいという意見が大嫌い。第一にこれは人間の権利に関わる問題だから。そしてなぜあなたの意見の方が私より良いの? もしIKEAで働いていたら、IKEAのソファーの話しかしちゃいけないの?」とナオミ節で持論を展開している。

 この投稿をファンも全面的に支持。「あなたが言いたいことを話してね」「ナオミ、その通り!」「こういうことを言えるのが、あなたが女王である理由」「あなたのそういう情熱が大好きだわ」「そういう人は無視しよう」「あなたを誇りに思います!」と反響のコメントが集まっている。

 自らの意思を明確にし、毅然と声を上げる22歳の女王。その姿が称賛を呼んでいる。(THE ANSWER編集部)