余裕の表情で前後に開脚、驚きの動画に反響拡大「シンプルに素晴らしい」

 東京五輪が1年延期となった中、新体操のアレクサンドラ・ソルダトワ(ロシア)が驚きの動画を自身のインスタグラムに投稿。「朝のウォーミングアップ」と題した前後に200度以上開脚するストレッチ動画に対し、フォロワーからは「なんという柔らかさ」「こんなのどうやったらできるの」などと仰天の声が上がっていたが、「強く、美しい」「信じられない」と反響がさらに広がっている。

 身長174センチの22歳美女が驚異的な柔軟性を見せた。顔の前にくらい大きく上げた右足は美しく伸び、柱で支えるようにキープ。そして体を大きく反り返らせている。地面についている左足と柱につけた右足で前後に開かれた角度は220度ほどありそうだ。

 別の映像も一緒に公開し、軟体ぶりを披露したソルダトワ。この投稿に海外ファンからは「言葉を失うほど素敵」「こんなのどうやったらできるの」などと驚きや称賛の声が続々と集まっていたが、反響がさらに拡大。「強く、美しい」「信じられない」「あなたの柔軟性が大好き」「あなたが1番!」「シンプルに素晴らしい」とコメントが寄せられている。

 現在22歳のソルダトワは、15年の世界選手権団体戦連覇に貢献。リオ五輪は補欠となったが、18年春のW杯タシケント大会はフープ、ボール、クラブ、リボンの4種目で1位となり、個人総合優勝を達成していた。(THE ANSWER編集部)