なでしこジャパンでW杯制覇の名将、「オンラインエール授業」で全国の教職員に講義

 サッカーの世界一名将が、悩める全国の教職員にエールを届けた。女子日本代表「なでしこジャパン」監督として、11年ワールドカップ(W杯)優勝に導いた佐々木則夫氏が14日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となり、部活動の運営も制限される中、悩める全国の教職員について「今、思いが強ければ強いほど、先生はモチベーションが下がり、思い悩んでしまう状況にある」と心中を思いやった。

 困難に立ち向かっているのは、先生たちも一緒だった。佐々木氏が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。過去3回は村田諒太、川口能活さん、那須大亮さん、大山加奈さんという現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に授業を行ったが、第4回は初の指導者が対象。子供たちと同様に未曾有の出来事に直面する教職員に対し、独自の指導論を説いた。

「実は大学を卒業した後には学校の先生になりたいと思っていたんです。しかし、いろんな手はずが整わず、違った人生に行きました」と冒頭で意外なエピソードを明かした佐々木さん。「皆さんも今、様々な形で学校の活動が行われていると思うけど、まだまだ予断を許さない状況で、授業、部活とこれまでに経験のない大変な状況で頑張っていただいている。同じ指導者として、ざっくばらんに話し、何か少しでも一助になれれば」と挨拶した。

 まず、最初に語ったのは「指導者として最も大切にしていること」というテーマだった。「指導者人生がスタートした頃はトライ&エラーだった」と振り返った佐々木さん。選手たちと向き合う中で一歩ずつ成長していく中で転機になったのが、日本サッカー協会が行った講演に参加し、耳にした元フランス代表監督ロジェ・ルメール氏の言葉だった。

「指導者は学ぶことを止めたら、指導者を辞めるべきだ」

 佐々木氏は「まさにそうだと思った。私自身も学びが足りなかった。人が人を指導する意味で、様々な視点から学ぶようになった」と振り返る。この転換点があり、なでしこジャパン監督に就任するチャンスにつながっていったという。なかでも、自身の指導者として大切にしているキーワードとして「洞察力」を挙げた。その真意を今の社会状況になぞらえ、こう説明する。

「様々な状況に直面し、自分で考えて決断し、導いていかなければいけない。サッカーの試合も、試合に向けた準備も、いろんな変化が起こる。その中でしっかり洞察力を持って、どう振る舞うかが重要になる。今の状況もまさにそう。誰も経験したことがない状況において、生徒たちにどんな姿を見せるか。各県においても状況は違っても、その洞察力が重要であることは間違いない」

 誰もが予期せぬ社会の変化。それは、佐々木氏自身が経験し、乗り越えた出来事でもある。

先が見えない「3.11」を乗り越え、優勝を掴んだ11年女子W杯のエピソード

 忘れもしない11年の女子W杯。大会4か月前、未曾有の天災が日本を襲った。3月11日、東日本大震災だ。

「東日本にあるチームは電力の関係もあり、平日が練習できず、土日のみ。コンディションもバラバラということを覚悟して調整していく。しかし、代表合宿になると、サッカーができる喜びを感じながら、日本代表として世界と戦えるモチベーションが生まれてきた。当初は大会に参加できないじゃないかと危ぶまれた時期もあったくらい。しかし、これまではなかった全試合中継も決まり、勝ち負けより、日本の皆さんに前向きな姿を見せたいとの思いから団結力が高まり、あれよあれよと優勝ができたんです」

 実体験を伴い、先が見えない困難を乗り越えたというエピソードを聞き、画面上の教職員も何度も頷いた。教員歴がまだ短い参加者は感想を求められ、「洞察力と学びという部分で、自分自身も生徒に対して何ができるか考え、ともに目標を作ったり、モチベーションを高めたりできる環境が大事だと感じました」と声を上げた。

 佐々木さんも「今、子供たちは自制している状況。もし今度できるようになった時はこんなにサッカーが楽しかったのかというモチベーションに変わってくる。(自身がかつて指導したJクラブ)大宮の選手も練習を始めたばかりで、すごいモチベーション。張り切りすぎて怪我をさせないように気をつけて、そうした気持ちを皆さんが良い方向に導いてあげてほしい」と呼びかけた。

 質問コーナーでは、さらにオンライン上が活性化した。「チーム作りで大切にしていること」については「サッカーという競技は指示待ちのスポーツではない。自発的にチームに関われる楽しさをチーム力に反映できる」と持論を説き、「チームとして短期、中期、長期と目標をそれぞれ立てること。最終目標がしっかりしていれば、少し後戻りすることくらい怖くない」と語った。

 また「個性的な選手が多数いた日本代表でどう一体感を作ったか」については前述の短期〜長期の目標設定を挙げ、「目標に対して進んだ時に褒めてあげること。急激じゃなくても少し成長したら評価してあげると、選手たちも『少しはできているんだ』と感じ、『じゃあ、次に行こう』という思いが出てくる。会話を積極的にもって、伝えてあげることが大切」と明かした。

 さらに、剣道出身でサッカー未経験の指導者に対しては「私も高校時代、未経験の先生に指導してもらい、のちに有名な先生になった」と語りかけ、「学ぶという点では真っ白なところから吸収できる。対戦した相手校でも学べるものはどこにでも転がっている。多くの女子サッカー指導者も横で連携し、成長している。経験がないことをそんなに恐れないでほしい」と背中を押した。

 ほかにも「指導者側も大会がなくなり、モチベーションを維持するのが難しい」「教育としての部活と勝利至上主義のバランスをどう考えるべきか」「強豪校と戦う場合、自分たちのスタイルを貫くべきか、相手の長所を消そうとするべきか」など、コロナ禍の指導の悩みから具体的なサッカー観の問いまで、活発に意見を交わした。

感じ取った現場の温度感「思いがあるほど、先生は思い悩んでいる状況」

 最後はオンライン上で記念撮影を行い、先生たちと1時間にわたって触れ合った佐々木さん。授業を終えた後、「例年の授業、部活のリズムと全く違う状況になり、思いがあればあるほど、先生たちはモチベーションが下がったり、困惑したり、思い悩んだりしている状況なんだと感じた」と振り返り、現場の温度感を感じ取った様子。しかし、力強くエールも送った。

「もちろん、大変なことは承知しているけど、我々指導者は様々なことが起こる中で何を一番にすべきかを考えなければいけない。私自身、世界のいろんな場所で戦い、いろんなことが起こる中で培った経験がある。すべてのことを当たり前と覚悟して見据えれば、新しいアイデアも的確な対応もできるようになった。だからこそ、洞察力の質を追い求めながら、乗り越えてほしい」

 未曾有の感染症により、難しさに直面しているのは指導する先生たちも同じ。サッカー界で世界一を知る日本の名将が、教育現場で戦う大人たちに寄り添い、贈ったエールは明日に向かう力となったはずだ。

■オンラインエール授業 「インハイ.tv」と全国高体連がインターハイ全30競技の部活生に向けた「明日へのエールプロジェクト」の一環。アスリート、指導者らが高校生の「いまとこれから」をオンラインで話し合う。今後は男子サッカーの仲川輝人、女子サッカーの長谷川唯のほか、ソフトボール・山田恵里、ハンドボール・宮崎大輔、元テニス杉山愛さん、元体操・塚原直也さんらも登場する。授業は「インハイ.tv」で全国生配信され、誰でも視聴できる。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)