スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―18年ATPファイナルズ開幕前の1枚

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが完全に再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は、2018年11月にテニスの錦織圭(日清食品)が出場した「Nitto ATPファイナルズ」だ。

 錦織が2年ぶりに出場した大会の前に話題を呼んだのは“庶民派移動”。テニス界のトップ選手8人がロンドン地下鉄に乗車したレアシーンをツアー関係者が画像付きで公開し、大きな反響を集めていた。

 錦織の復活の一年を印象づけるようなシーンだった。年間数十億円を稼ぐテニス界のトップ選手8人がロンドンの地下鉄に揃って乗車。なんとも庶民的な1枚を公開したのは、ATPツアーでイベントディレクターを務めるアダム・ホッグ氏だった。自身のツイッターでレアな1枚を披露していた。

 雑然とした車内。その中にスーツ姿でビシッと決めた8人の男たちがズラリ。フェデラーとジョコビッチが手前の両サイドに立ち、黄色の手すりを掴んでいる。座席にはちょっとしかめたような顔でカメラ目線を決める錦織らが、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と向かい合う形で着席。奥には関係者らも立ち、1枚のフレームに納まっていた。

「この写真にグランドスラム達成者は何人?」と熱視線

 大会に先駆けて行われたメディアデーの一環で撮られたギャップ溢れる集合写真。ホッグ氏は「いつもの金曜日の夜から一転……」と画像を公開すると、普段は滅多に見られないシーンに海外ファンも大喜びだ。

「このタレントたちと一緒に乗った人はラッキー」「ケイ・ニシコリはこの自撮りだと恥ずかしそう。彼は素晴らしいカムバックを果たした」「私もこの電車に乗りたい!」「何と美しい1枚」「羨ましい」「この写真にグランドスラム達成者は何人?」とコメントが相次ぎ、熱視線を集めていた。

 錦織にとっては、この場所にいられることが復活の証だった。右手首の故障明けで迎えたシーズン。下部ツアーから復帰して一歩ずつ階段を上がり、9月の全米オープンでは4強に進出し、ATPファイナルズ進出を掴んだ。そんな8人の中に日本のエースがいることはファンにとっても喜ばしいことだった。(THE ANSWER編集部)