北京五輪金メダリストが「オンラインエール授業」で高校生30人に夢授業

 女子ソフトボール日本代表主将・山田恵里外野手(日立製作所)が18日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。北京五輪で金メダルを獲得し、36歳でなお第一線を走るソフトボール界の天才打者は、インターハイが中止となった全国30人のソフトボール部員へ「目標を持つことで人は変われる」とエールを届けた。

 山田が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。これまで村田諒太、川口能活さん、佐々木則夫さんら現役、OBのアスリート、指導者が各部活の生徒、指導者を対象に授業を行ってきた。第6回を迎えた授業で、ソフトボールの日本代表主将が高校生と向き合った。

「あの時代があったから今の自分がいる。高校時代は自分の原点です」

 高校生たちにまず伝えたのは、基本を大切にすることだった。小1から野球を始め、厚木商(神奈川)入学を機にソフトボールに転向。「インターハイで日本一になること」を目標にして、練習に明け暮れた。大切にしたのは、一日一日を大切にする意識。監督から「毎日の積み重ねが結果につながる」と言われたことを心の真ん中に置き、ソフトボールと向き合った。

 そこで、こだわったのは「基本」。バット、グラブ、スパイクという道具があって成り立つ競技。「手入れをすごく大切にして、朝の練習前と夜の練習後にやっていたし、守備、打撃も基本を意識しながら練習していました」。こうした取り組みから類まれなセンスは磨かれ、高2からインターハイ連覇を達成。その後の飛躍の土台となった。

 卒業後は日本リーグの日立製作所でなど数々のタイトルを総なめにした。その打撃センスで、いつしか「女イチロー」という愛称が付き、04年アテネ五輪で銅メダル、08年北京五輪で金メダルを獲得した山田は言う。

「高校時代、基本の練習を繰り返したことで、今の打撃、守備の基本ができた。その基本なければ、今の自分いない。同じことを繰り返し繰り返しやって、当時は『練習、長いなあ』とか『意味あるのかな』と感じたこともあったけど、その基本の積み重ねが今後につながるんだと感じています。だから、続けてきて本当に良かったし、あの時代があったから今の自分がいると思います」

 現役トップ選手が届けた率直な思いに、高校生も熱心に耳を傾けていた。

「私も北京五輪の後に目標を失った」―インハイ中止となった高校生に伝えた体験

 続いて行われた質問コーナー。高校生からは次々に問いをぶつけた。

――夏にあるインターハイの代替大会(各都道府県の高体連が実施する大会)まで50日間。その期間、どういうモチベーションで取り組んだらいいですか?

「まずは目標を持ち続けることが大切。毎日、同じようなことを繰り返していると見失いがちになるけど、どんな状況でも決めた目標を常に持ち続けること。私自身、北京以降は五輪から競技が除外され、目標を見失い、気持ちが入らなかったり、ソフトボールを辞めようかなと思ったりした。でも、この自粛期間でソフトボールをしたいという意欲が湧いたんじゃないかと思います。私も早くグラウンドに立ちたいという気持ちが生まれたので、そのエネルギーを練習にぶつけてほしいです」

――打撃ならあと一歩でセーフ、守備ならあと一歩で捕れたという部分でなかなか届かない。「あと一歩に強い選手」になるにはどうしたらいいですか?

「私が意識しているのは、例えば練習の塁間ダッシュなら、塁間で終わるんじゃなくもう一歩先まで走る。ノックにしても、1球でもいいから誰より多く捕る。周りより多くやる、早く始める。一歩先を考えて練習しています。人と同じことをしていても、人より結果を出せない。無理と思っていても、人間はできると思えばできる時もある。自分で限界を決めないこと。『アウトかも』ではなく『絶対セーフにしてやる』と思えば、コンマ何秒か変わるし、ボールも手が伸びる。一歩先という意識がすごく大事です」

――同じ県に勝てない強豪校がある。いざ戦った時に「ああ、強いな」と感じてしまい、自分たちのベストが出せません。そういう相手と戦う時はどういう意識で向かっていますか?

「私たちも米国は今も昔も強い。北京五輪の決勝で戦った時もほとんど勝ったことがなく、日本が勝つと思っている人は少なかったけど、自分たちは絶対勝てるという気持ちがありました。それは米国より多く練習している自信があったから。その時、どんな強豪でも相手より練習することで勝てるという意識が生まれ、その意識を持ち続けることで結果は変わると実感した。だから、相手を強いと思うのではなく、相手より多く練習してきたと思えるように取り組めば、自信につながり、結果は変わると思います」

――守備でエラーをした時に引きずってしまう。ネガティブな気持ちになった時、切り替える方法はどうしていますか?

「試合の中でミスは帰ってこない。ただ、次にミスを取り返すことは絶対にできる。過去をひきずらないで、今できることは何かを考えて集中する。『みんなに迷惑をかけたな』『どう思ってるかな』と考えがちだけど、みんなカバーしてくれるし、自分でも取り返せる。私の場合はセンターなので、誰もいない後ろを見るようにしていた。グラブを見たり、上を見たり、誰かに話しかたりという自分を落ち着かせるルーティンを持つことも大切。自分の中に閉じ込めるより解放することが切り替えにつながります」

 他にも逆方向に打球を飛ばす方法、チェンジアップに対応する方法、どんな意識で打席に立っているかなど、技術論から精神論まで丁寧に一つ一つ回答。画面上の高校生は視線を落として手を動かし、一言一句を逃さないようにメモしている様子だった。

最後に届けた明日へのエール「明日は必ず自分で作り上げることができる」

 あっという間に過ぎていった1時間。参加者を代表した京都の高校生は「たくさんの質問、相談に応えていただき、貴重な体験になりました。京都一という目標を達成できるように、一日一日を大切に頑張っていきたい」と力をもらい、感謝を述べた。それを受け、山田も「明日へのエール」として高校生にメッセージを贈った。

「目標を持つことで人は変われるし、目標に全力で取り組むことはソフトボールを続ける、続けないに関わらず、今後の人生に必ず生きる。仲間を大切にすること、道具を大切にすること、周りの人がいて成り立っていることを忘れず取り組んでもらいたい。明日は必ず自分で作り上げることができる。一日一日を全力でやり切ること。その上でソフトボールを楽しんでもらいたいです」

 最後はオンライン上で“集合写真”を撮影し、授業を終えた山田。その後の取材では「なかなか(高校生と)直接会う機会がないので、多くの人と交流できて良かった」と振り返った上で「インターハイという目標がなくなり、私もすごく残念な気持ち。私自身も五輪がなくなり、モチベーションがなくなった経験がある。何か一つ、目標を持って頑張ってもらいたいです」と願った。

 自身は高校2年生で見たシドニー五輪に刺激を受け、五輪を目標にして競技人生を駆け抜けてきた。東京五輪は次世代の子供たちに向け、格好のアピールの場となる。1年延期となっても、気持ちは少しも切れていない。

「何かを目指すきっかけに五輪はなれる。私自身もそうだった。『自分もこうなりたい』と思ってもらえるプレーがしたいし、目標があることで人生は変わる。そういうプレーが見せたいという意識は強くなった。延期になったことで、私としては準備が長くなったので、プラスと感じている。相手の研究だったり、自分に向き合う時間だったりにして、本番にぶつけていきたいです」

 目標を持つことで変われる。それを体現するため、ソフトボール界の天才打者はバットを振り続ける。

■オンラインエール授業 「インハイ.tv」と全国高体連がインターハイ全30競技の部活生に向けた「明日へのエールプロジェクト」の一環。アスリート、指導者らが高校生の「いまとこれから」をオンラインで話し合う。今後はサッカーの仲川輝人のほか、ハンドボール・宮崎大輔、元テニス・杉山愛さん、元体操・塚原直也さんらも登場する。授業は「インハイ.tv」で全国生配信され、誰でも視聴できる。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)