年齢を感じさせない動きに米放送局「センセーショナル」

 ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)がインスタグラムを更新。エキシビションマッチでのリング復帰へ向けて、ド迫力のミット打ちを披露した。53歳ながら現役時代を彷彿とさせるような動きに、米ファンからは「人間じゃない」「未だに殺し屋だ!」などと驚きの声が上がっていたが、海外メディアも注目。「最高の姿」「センセーショナル」などと続々報じている。

 間もなく54歳を迎えるとは思えない。タイソンはいつでもリングに上がれそうだ。すっかりシェイプアップされたボディーに鋭い眼光。グラブを嵌めると、ミットを持ったトレーナーに対して左右の連打を叩き込んでいく。

「ドスッドスッ」と低音の響く、重そうなボディー打ちも披露。パンチはきっちりとかいくぐり、次々と強打を放つ姿には全盛期の軽やかなフットワークが重なってくる。

 タイソンは「日々、活発にトレーニングを重ねる」と記して投稿。ファンからは驚きの声が続々と上がり、再生回数が300万回を超えていたが、海外メディアもこの投稿に脚光を浴びせている。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」電子版は「間もなく54歳を迎えるマイク・タイソンがスピードとパワーを伴ったセンセーショナルなトレーニング映像を公開」と報じれば、ニュージーランド地元紙「ニュージーランド・ヘラルド」も「マイク・タイソン、最新トレーニング映像から恐るべき最高の姿が明らかに」と絶賛している。

 一部のプロモーターや、現役選手からは否定的な声も上がるタイソンの復帰。だが、実戦のリングでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか興味の度合いは日に日に増している。(THE ANSWER編集部)