11日発表の「ISUアワード」、海外ファンからは羽生を推す声と同時に別の意見も

 国際スケート連盟(ISU)は、新設したフィギュアの年間表彰「ISUスケーティング・アワード」の各部門の受賞者を11日に発表する。男子の羽生結弦は「最優秀選手」と「ベストコスチューム」の2部門でノミネートされているが、公式ツイッターではファンにアンケートを行った。ファンからは羽生を推す声と同時に、ISUに対する“物言い”もつけられている。その理由とは?

 年間表彰の「最優秀選手」部門にネイサン・チェン(米国)、ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン(アイスダンス・フランス)とともにノミネートされている羽生。ISUフィギュアスケートの公式ツイッターでは3組の写真とともに、「あなたの最優秀選手候補者によろしく! あなたが選ぶのは誰?」と記してファンへのアンケートを呼び掛けている。

 これにコメント欄は大いに盛り上がり、日本、海外のファンからは「もちろんユヅル・ハニュウ」「ユヅル・ハニュウは、このスポーツにおいて生けるレジェンド。多くの人、アーティストに影響を与えている!」「ネイサンだと思う。世界選手権が開催されていれば優勝していたのは彼だよ」「ユヅル・ハニュウは最も価値のあるスケーター。恐らくどの時代でも!」などと思い思いの意見が書き込まれている。一方でISUに対して物申すようなコメントも少なくはなかった。

「ユヅル・ハニュウは世界で最も人気のあるスケーター。多くの人を惹きつけ、ISUの大会やアイスショーに大金を落として彼を支えてる。ほかの選手ではなく彼のために。なのに、ISUアワードは彼が貢献してきたことに一言も触れてない」

「ユヅル・ハニュウの紹介文も変えたらどうかしら? 彼は五輪2連覇とGPファイナル4連覇を達成しています。アスリートが懸命に努力して勝ち取った金メダルに敬意を示してください」

ISUの寸評では不十分の声も

 ISUは公式サイト上にアワード用の特設サイトを作り、ノミネート選手に寸評をつけている。

 羽生に対しては「ユヅル・ハニュウは日本男子初の五輪金メダリストであり、史上初めて大会で4回転ループを成功させ、合計300点を超えた選手。彼は世界選手権で2度優勝し、四大陸選手権も優勝。グランプリファイナルでは4度メダリストとなり、日本選手権も4度制している。彼はジュニア世界選手権とジュニアGPファイナルでも優勝しており、世界でも最も勲章を獲得している選手の1人だ」と評しているのだが、実際にはGPファイナルでは4連覇を達成し、6度メダリストになっており、偉業をたたえるには不十分だという指摘が書き込まれているのだ。

 海外のフィギュアファンからも絶大な支持を集める羽生。果たしてISUは誰を最優秀選手に選出するのだろうか。(THE ANSWER編集部)