今季の始動戦は逃げたガイヤースを捕まえられず2着

 競馬のG1エクリプスステークス(英サンダウンパーク・芝1990メートル)が5日に行われ、現役世界最強馬、エネイブル(牝6・英国)は2着に敗れた。圧倒的な支持に応えられず、昨秋の凱旋門賞に続く連敗となったが、管理するジョン・ゴスデン調教師は「完璧なパフォーマンスだった」とポジティブに振り返っている。豪専門メディア「レーシング.com」が報じている。

 最強の女王らしい豪脚は見られなかった。道中は4、5番手でレースを進めたエネイブル。最後のストレートで追い出したが、前を行くガイヤースとの差は縮まらず。結局2馬身以上の差をつけられた2着だった。

 自身のキャリアで初めての連敗。それでもゴスデン調教師は努めて前向きだった。同メディアによると、「私は彼女の走りに喜んでいる。ゴージャスなレースをした」と語っているという。

 まずは「私たちはガイヤースが脅威であることを知っていたし、警戒していた。サンダウンは逃げ馬のための競馬場だった。彼は先頭に出たら、素晴らしい馬だ。誰も追いつけない。コロネーションでそれを痛感していた」とG1コロネーションカップに続くG1連勝を飾った勝ち馬を称えた。

「フランキーは、最後もう100メートルが必要だったと言っている」

 そのうえでエネイブルについても「彼女は完璧なパフォーマンスを見せてくれたし、素晴らしい走りだった。満足している」と評している。

 手綱をとったフランキー・デットーリ騎手も悲観はしていないようで、ゴスデン氏は「フランキーは、最後もう100メートルが必要だったと言っている。彼は彼女を気にしていた。今回のレースはキング・ジョージに向けた良い舞台になったと思う。私たちは本当にハッピーさ」と前向きだった。

 6歳を迎えコンディション維持の難しさも伝えられる中での9か月ぶりのレース。敗れはしたが、次の大目標、G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスへのステップとしては上々だったと分析しているようだ。(THE ANSWER編集部)