怪物ハーランドらとともに英メディアが注目「ドリブル成功数も多い」

 海外サッカー、スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英。リーガ・エスパニョーラで非凡な才能を見せつける19歳は、他国の期待の若手とも比肩する存在と評価されているようだ。ドルトムントのFWアーリング・ハーランドらとともに、英メディアが格付けしたランキングに登場。ティア4に分類され、「マジョルカで大きな輝きを放っている」と報じられている。

 久保ら期待の若手をランク付けしたのは、英サッカー専門メディア「フットボール・デイリー」のYouTubeチャンネルだった。司会を務めるジョー・ソムリンソン氏が、14選手を5つのティア(段階)で分類。怪物ハーランドやバイエルンのMFアルフォンソ・デイヴィスらが最高評価のティア1に入る中、久保はティア4に名前があげられている。

 ソムリンソン氏は動画内で、「クボはまだ19歳ですが、レンタル先のマジョルカで大きな輝きを放っています。4ゴール4アシスト、ドリブル成功数も多い」と評価している。

 しかし一方で、まだレンタル元のレアル・マドリードで成績を残していないことを理由に「ティア2や3の選手のレベルにまでは達していないのではないでしょうか」とも言及されている。

上位のティアに分類すべきとの声も「センセーショナルな活躍を見せている」

 英メディア「ギブミースポーツ」は、ソムリンソン氏のランク付けを記事で紹介。久保の評価については、もっと上のティアに分類されるべきだと伝えている。

「ここ最近のパフォーマンスに基づけば、タケフサ・クボを少なくともティア3にランクさせるべきだという議論になるだろう。レアル・マドリードからマジョルカへレンタルされている日本の攻撃的MFは今季、時折ではあるがセンセーショナルな活躍を見せている」

 いずれにしても、久保の実力は英国でも注目されているようだ。なお、ソムリンソン氏のランク付けは以下の通り。

◇ティア1
 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
 アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン)
 アーリング・ハーランド(ドルトムント)

◇ティア2
 フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
 メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)

◇ティア3
 ブカヨ・サカ(アーセナル)
 アンス・ファティ(バルセロナ)
 ロドリゴ(レアル・マドリード)
 ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)

◇ティア4
 エドゥアルド・カマヴィンガ(レンヌ)
 デヤン・クルゼフスキ(パルマ)
 久保建英(マジョルカ)
 ウィリアン・サリバ(アーセナル)

◇ティア5
 ドワイト・マクニール(バーンリー)(THE ANSWER編集部)