【英国で“サッカー学”修得…23歳塚本修太の挑戦|第1回】負傷で諦めた現役生活、一時はボールを見るのも嫌になった

 2015年1月12日、17歳の塚本修太は、4万6316人の大観衆を呑み込んだ埼玉スタジアムのスタンドにいた。

 全国高校サッカー選手権決勝で、約半年前に中退した前橋育英の元チームメイトたちが戦っていた。前半で星稜に先制され重苦しい空気を一変させたのは、寮で寝食をともにして仲の良かった野口竜彦(現・ファジアーノ岡山)だった。大舞台で親友が同点ゴールを奪い、その2分後には逆転。残念ながら前橋育英は延長戦の末に再逆転負けを喫したのだが、塚本は目の前の熱戦に魅了され将来の進路を決めていた。

「育英の関係者には本当にお世話になりました。もし恩返しができるとすれば、指導者になることかな、と思ったんです」

 幼稚園からボールを蹴り始めた塚本は、わざわざ右利きを左に切り替えるほど中村俊輔(現・横浜FC)に憧れ、水戸市内でも勝てない中体連の部活から前橋育英へのサッカー推薦を勝ち取った。

 だが高校進学から運命は暗転し、蹉跌(さてつ)が連なる。膝を痛めて手術し、復帰すると手を骨折。ようやくピッチに戻ると今度は逆の膝にメスを入れることになり、とうとう医師から「サッカーに向いていない。別の道を考えたほうがいい」と事実上の最後通告を受けた。

 担当の櫻井勉コーチは学生コーチとして残る道も勧めてくれたが、もうボールを見るのも嫌だった。2年生の6月に地元水戸の高校に編入すると「それなら東大でも目指そう」と猛勉強を始める。中間、期末テストのたびに成績上位者が張り出され、どの科目も名前が出ないことはなかった。

 そんな塚本をサッカーの世界に戻したのは、前橋育英の仲間たちだった。辞めていった僚友と、その後も連絡を絶やさず、全国の晴れ舞台に招待した。一方で英会話スクールにも通っていた塚本は、ある時学校長に直談判し1か月間の公欠をもらって英国へ出発。FA(イングランドサッカー協会)レベル1(日本ではC級かD級に該当)の指導者ライセンスを取得する。そこで知り合った現地の指導者と話しているうちに、「英国にはサッカーを勉強する大学がある」ことを知り目標は定まった。

 行動は迅速だった。このままの高校生活を続けていたのでは「英語力が厳しい」と判断し、通信制に切り替え留学支援を目的とするNICに入学。1年半後の2016年9月には、サウサンプトン・ソレント大学(現ソレント大学)のサッカー学部(Football Studies)の生徒になっていた。

「英国の大学は3年制です。しかしインターナショナルの場合は、その前にFoundationという土台作りのような期間が設けられ、日本の高校で一定水準の成績を収めていれば入学ができて、この1年間の成績次第で専科に進むことができます」

心理学、フィジカル、スカウト…英国での4年間で様々な資格を取得

 入学当初は、英国での大学生活に戸惑った。1日に授業が2〜3時間しかなく、それも学生が黙って講義を聞くという受動的なものは、ほとんどなかった。教授は大量の課題を出し、学生たちは自由に情報収集に動き、意見を交換するのが授業だった。ただし教授の中には、イングランド代表の元サイエンスコーチがいたり、ジェイドン・サンチョ(現ドルトムント)やギャレス・ベイル(現レアル・マドリード)の指導に携わった経験を持つ錚々たる顔ぶれが揃っていたので、知識を深める術は鏤められていた。

 それに気づいてからは、積極的に会いたい人に連絡を取り、クラブのトレーニングを視察し、カンファレンスにも出席しながら論文を読み漁った。

「学生で勉強中と言えば、どんな指導者もオープンに話してくれました」

 こうして4年間で、様々な資格や実績が積み上げられた。日本人では初めてフィンランドで7カ月間に及ぶエコノメソッドのマスターコースを受講し、サッカー心理学、フィジカル、スカウト、分析などの資格を取得。また小学生からトップチームまでの指導を実践し、最近ではベルギーのワースラント=ベフェレンでプレーする小林祐希の個人分析官も務めた。

「将来は欧州のトップクラブを指揮して、UEFAチャンピオンズリーグに出場したい」

 夢は大きく広がった。

(第2回へ続く)

■塚本修太(つかもと・しゅうた)

 1997年6月21日生まれ、茨城県出身。幼少期からサッカーを始め、小、中学校は地元のチームに所属したが高校は名門・前橋育英高校サッカー部に進学。度重なる怪我で高校2年の夏に中退したのち、サッカー指導者を目指すためにイギリスのソレント大学のフットボール学に進学。サッカーを学問として勉強するなか、FAの心理学ライセンスはレベル5まであるなかで日本人で初めてレベル4まで取得。その他にもスカウト、分析、フィジカル、コーチングの資格を取得。コーチをしていた育成年代のチームは2年連続その地域での年間優秀チームに。昨年は小林祐希(ワースラント=ベフェレン)の個人分析官を担当した。(加部 究 / Kiwamu Kabe)

加部 究
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記〜青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。