ハンドボール界の第一人者が「オンラインエール授業」で“夢授業”

 ハンドボール日本代表の宮崎大輔(日体大)が28日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する企画に登場した39歳のトップ選手は、インターハイ中止という経験から前を向く全国のハンドボール部を対象に授業を行い、“明日を生きる力”を授けた。

 宮崎が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、バレーボールの大山加奈さん、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に講師を務めてきた。

 第19回に登場したのが、ハンドボール界の第一人者だ。大分の大分電波高出身の宮崎。冒頭で明かしたのは「39年の人生で一番キツかった」という高校3年間の思い出だった。当時は午前7時から練習を行い、8時から午後3時15分まで授業。3時30分から始まる練習は最短で9時、最長で日付を越えて午前1時になることもあった。「それが364日でしたから」と苦笑いで振り返る。

「全国優勝したい。そこに向けて頑張っていたから、辞めることなく3年間続けられた」。血の滲むような練習で才能を磨いた宮崎は3年夏のインターハイで得点王となるなど、目標だった日本一も達成した。当時は高校でハンドボールを引退し、「家庭を助けなきゃいけない」と就職を考えていたが、日体大の誘いがあって翻意。母の後押しもあり、競技を続けることを決めた。

 以来、輝かしいキャリアを築いてきた。進学後は2年連続大学日本一を経験。在学中に強豪スペインに留学し、帰国後は日本リーグの大崎電器で長年活躍した。最高殊勲選手賞、ベストセブン賞6度、得点王4度など数々のタイトルを獲得。一時は再びスペインに移籍し、押しも押されもしないハンドボール界のスターとなったが、高校時代の経験が礎になっている。

「あの時のキツさに比べたら、今は何でもできてしまう。それくらいキツかった。だから今、皆さんもいろいろとやった方がいいと思う。そういう経験が後々に生きてくるから。僕もあの時にやっていた走り込み、シュート、それにジャンプ力は高校時代が一番高くて(ベースとして)残っている。高校時代にやったことが生きてくるので、今やっていることを大切にしてほしい」

 日本リーグ前人未踏の900得点を記録している39歳にとっても、あの3年間は特別で忘れられないものだったという。

成長は発想次第、「ヒントは違う競技にある」の真意

 続いて授業のメインとして行われたのは、質疑応答のコーナーだった。

「右利きが右サイドから上手くシュートを打つ方法」「ディフェンスからの速攻で意識すべきこと」「ジャンプ力を上げるために必要なトレーニング」など技術の質問に続き、メンタルにまつわる質問も飛んだ。

「試合中の判断が苦手。今のはパスにしておけば、シュートにしておけば……と(後悔が)良くないと分かっていても思ってしまう。ミスした時にはどういう行動を取ったらいいですか?」

 こんな悩みに対し、宮崎は「練習でやったことしか試合でできない。判断力については練習でミスをして、ミスの原因を学んでおいた方がいい」とアドバイスを送った上で、自身がスペインに挑戦した際のエピソードを明かした。ある試合の1回目でシュートを判断してミスをしてしまい、2回目は今度はパスでミス、3回目は再びシュートを判断したら、これもミスをしてしまった。

 直後に「もうコートから出ろ」と言われ、この試合はもう使われなかった。すると、試合後に監督からこんなことを言われた。「今までの練習通りにしろ。それを信じて使っているんだ。1回ミスしようが、2回ミスしようが、3回ミスしようが、自分のプレーをしてくれ。そうしないとお前を使えない」。この体験をもとに練習で培った自信を試合につなげる大切さを説いた。

 また、生徒とともに参加した指導者からは「うちのチームはほぼ初心者。まずは楽しくハンドボールに取り組んでほしいと思っているけど、初心者に教えるにはどんな意識を持てばいいですか?」との質問も挙がった。

 全国で教室を行っている宮崎は「ちょっとした練習も2組の勝負にしたりして、みんなで競い合えるような方式にすること」「できないことを注意するより、できるようになったところを褒めるようにすること」などの基本をレクチャー。その上で、飽きさせずに上達させるコツとして「僕自身は違う競技をやったことがありました」と体験談を明かした。

 フットワークを強化するためにレスリング、守備の恐怖心を拭うために相撲など、異なる競技から知識が得るとともに、日々の練習に刺激を与えた。自身のジャンプ力を伸ばした秘訣は「バレーボール選手はなんであんなに高く跳べるんだろう?」と思い、反動のつけ方、空中の姿勢を研究したことだといい、「ヒントは違う競技にある」と発想ひとつで成長につながると説いた。

 トップ選手ならではの思考を聞き、オンライン画面に映った高校生も指導者も一様に目から鱗が落ちた様子だった。

39歳にして大学に戻った理由「自分にとってキツい場所を…」

 39歳にして、挑戦を続ける宮崎の「今」にまつわる質問もあった。それは昨年4月に長年所属していた大崎電器を離れ、日体大に復学したこと。3年生から籍を置き、現在は4年生となった。異例の大学復帰の理由とは――。

「ポジションが変わったことが大きい。大崎電器ではセンターだけど、日本代表では左サイド。スートの打ち方も走り方も、運動量も違う。そうなると、実際にポジションを変更しないと学べない。大崎電器では左サイドのスペシャリストがいるので、どこか違う環境を求めた時、年も取っているし、自分にとってキツくて体力が上げられる場所を考えたら、日体大だった」

 過酷な練習を重ね、1試合あたりの攻撃回数も走行距離も上がったといい、成長を実感している。年齢は自身の半分ほどの選手ばかり。「僕が近づくと周りが避けていく」と笑いながら「重要なのはコミュニケーション。『俺は宮崎大輔だ』と思っていると孤立してしまう。50人も選手がいるので大変だけど、自分から1人1人となるべく話すようにしている」と明かした。

 技術向上のヒントから、人間としての在り方まで、高校生にとっての金言が詰まった1時間。最後に参加者を代表し、男子生徒は「宮崎選手の話を聞いて継続することの大切さを知ることができた。宮崎選手ですら、高校時代はキツイ練習、厳しい練習という努力をして今があると知った。今日知ったことを大切にして練習に励みたい」と挨拶した。

 これを受け、宮崎も「明日へのエール」として高校生にメッセージを贈り、「僕が好きな言葉」を2つ挙げた。

 1つ目は「限界を超えれば、次の限界が見えてくる。限界に限界はない」という言葉だ。「みんな、目標を持っていると思う。例えば、全国優勝。でも、それは365日の目標で期間が長い分、忘れてしまいがちになる。だから、1日1日を大切にして毎日の目標を決めることが大事。『今日はこのシュートを決められるように』とか小さなことでも日々の目標を大切にしてほしい」と説いた。

 2つ目は「向き不向きより前向き」という言葉。「自分で合ってるか合ってないかを決めるのではなく、まずはやってみることが大切。言われたことを『めんどくさいな』と思いながらやっていると、自分で限界を作ってしまって伸びない。不向きかもしれないけど、前向きにやることが成長になる。自分で進んでやるからこそ、覚えて体で感じて自分のものになるから」と訴えかけた。

 最後は「今回はコロナの影響で大変なことになっていると思うけど、みんなで助け合っていきましょう」と締めくくった。本来はインターハイが開催されるはずだった8月。宮崎のエールに背中を押され、高校生たちは新たな明日に踏み出す。

■オンラインエール授業 「インハイ.tv」と全国高体連がインターハイ全30競技の部活生に向けた「明日へのエールプロジェクト」の一環。アスリート、指導者らが高校生の「いまとこれから」をオンラインで話し合う。今後は競泳・金藤理絵らも登場する。授業は「インハイ.tv」で配信され、誰でも視聴できる。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)