ピケットが披露した猛ラッシュに海外「なんて残酷なんだ」

 米国最大の総合格闘技「UFC」は25日(日本時間26日)、ミドル級のコンテンダーシリーズを開催。ジェイミー・ピケットがジョノヴェン・パティ(ともに米国)にKO勝ちし、UFCとの契約を勝ち取った。相手の顔面をタコ殴りにした22連打の実際の動画を「UFC」が公開すると、海外ファンからは「残酷なパンチ」とコメントが寄せられていたが、「勝ち目無い」「すげぇ!」「痛い」などと反響は拡大している。

 残虐なラッシュシーンだった。2回、ピケットは左ストレートを皮切りに、次々と両拳を相手の顔面にぶち込む。相手が圧力に屈し、金網に背を付けるほどの猛打で、腕をぶん回した回数は計22。幾度となくダメージを受けたパティが最後はマットに倒れ、レフェリーが試合を止めた。

 実際の動画を、「UFC」公式インスタグラムが公開。「この夜を終わらせる為のジェイミー・ピケットによる恐ろしいパンチのコンビネーション!」と文面につづっている。圧倒的なKO決着に対し、海外ファンからは「文字通りの残酷なパンチ」などとコメントが寄せられていたが、再生回数は160万回を突破するなど反響は拡大している。

「終わった後のスポーツマンシップを見るのは良い」
「22パンチコンボのTKO」
「勝ち目無い」
「すげぇ!」
「痛い」
「えげつない」
「おぉ、なんて残酷なんだ」
「なんてこった」

 こうした声が集まった一戦。米総合格闘技専門ニュースサイト「MMAファイティング」によると、3度目の挑戦で契約を勝ち取ったピケットは、試合のために片道3時間をかけてジムに通ったという。ピケットは「チャンスをものにし、良い働きをしたかった。ただ子供に良いところを見せたかった」と話したと伝えられている。(THE ANSWER編集部)