日本時間30日、物議醸した両者が再戦

 米最大の総合格闘技「UFC」は29日(日本時間30日)に、米ラスベガスで「UFCファイトナイト」を開催する。ライトヘビー級ではマゴメド・アンカラエフ(ロシア)対イオン・クテラバ(モルドバ)が行われるが、両者は2月に対戦しアンカラエフが38秒KO勝ち。しかしこの試合はレフェリーのストップが早過ぎたのではないかと物議を醸した一戦だった。当時の映像をUFCが公式SNSで公開している。

 開始早々だった。エンジのパンツのアンカラエフが一気に攻勢に出た。左のハイキックでクテラバを怯ませると、さらに追撃。左のミドル、左のハイとキックを連続で繰り出していく。

 クリーンヒットは避けるクテラバだったが、顎付近に被弾しわずかにふらついた。しかしここから反撃に出たところで、レフェリーが両者の間に割って入り、ストップを宣告したのだ。

 クテラバが試合続行不可能と判断され、わずか38秒でのアンカラエフのTKO勝利となったが、これにクテラバは納得がいかない様子。ダメージがないことを強調し、レフェリーに食ってかかる。そしてオクタゴンを歩き観衆にアピール。しかし当然、判定が覆ることはなかった。

止めるのが早すぎるレフェリーに不満の声再び「彼は最後まで戦えた」

 あまりに早過ぎるレフェリーストップの瞬間を、UFCは「物議を醸したストップを様々な角度から! ESPNが明日のマゴメド・アンカラエフ対イオン・クテラバの試合を放映する」と添えて、様々な角度から撮影された映像を投稿している。当時の動画を目の当たりにしたファンからもレフェリーへの不満の声が改めて上がっている。

「UFC史上最悪のストップ」
「この再戦は明日だ」
「絶対に酷い判定」
「この戦いを止めるべきではなかった」
「疑問が残る」
「この審判は誰だ?」
「彼は最後まで戦えたよ」

 これ以来、半年ぶりの再戦となる両者。双方納得のいく熱い試合を期待したい。(THE ANSWER編集部)