8月最終日の31日は高校生4人が志望届を提出

 日本高校野球連盟は31日、公式サイトで2020年度の「プロ野球志望届」提出者を更新。8月最終日となったこの日はノースアジア大明桜(秋田)の最速146キロ右腕・橘高康太、福岡第一の強肩捕手・岸本暖ら4人が追加され、高校生は163人となった。

 橘高は伸びのある直球が武器。同じくプロ志望届を提出している佐々木湧生投手、長尾光投手とともに、ノースアジア大明桜を今夏の独自大会優勝に導いた。

 プロ注目の岸本は強打の捕手。遠投120メートルの強肩も武器だ。また、日大藤沢(神奈川)の牧原巧汰捕手も提出している。

 提出の締め切りは10月12日。提出者は同26日に実施予定のプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。(THE ANSWER編集部)