2勝目の黄金世代・小祝さくら、大人しい口調の裏には熱い闘志

 女子ゴルフのゴルフ5レディス最終日が6日、岐阜・ゴルフ5CみずなみC(6571ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出た小祝さくら(ニトリ)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、2位に6打差をつける大会レコードの通算17アンダーで優勝。昨年7月以来、約1年2か月ぶりのツアー通算2勝目を手にした。

 小祝は渋野日向子、勝みなみ、畑岡奈紗らと同じ1998年度生まれの黄金世代。同世代ではこの3人に次ぐ2勝目となった。タレント揃いの学年だが、今季は2001年生まれの笹生優花(ICTSI)が前週まで2連勝するなど、さらに下の新世代が台頭している。ツアーで上位に立つ選手の顔ぶれは時間とともに激しく移り変わる中、昨季まで2年連続賞金ランク8位の小祝も必死に食らいついてきた。

「他にもたくさん強い選手がいると思いますけど、その中で自分も頑張らなきゃなと思いながらいつも練習しています。毎年シードを獲ることもそうですけど、簡単にはできないと思うので、気持ちを切らすことはできない。集中して練習もやらなきゃいけない」

 8月の海外メジャー・全英女子オープンは出場権があったものの、帰国後の隔離期間を考慮。翌週にホステス大会のニトリレディスを控えていたため、全英出場を断念した。大舞台に出られない代わりに優勝を――。しかし、ニトリレディスは19歳の新人・笹生優花(ICTSI)と激しい優勝争いの末に2位と惜敗。おっとりとしたマイペースな性格だが、口調とは裏腹に心は熱くなった。

前週は笹生とV争いで敗戦「悔しさもあった。今週はさらに気持ちが強かった」

「先週の悔しさもあって、今週はさらに頑張りたいという気持ちが強かった。全英を諦めて日本の試合に出たので、その間に『しっかり気合を入れて頑張らないと』と思っていた。勝てたのは良かったですけど、来週から上田桃子さんとか全英に出ていた方も出ると思うので、自分も頑張りたいなと思います」

 8番では17メートルのバーディーパットをねじ込み、最終18番はショットが気に当たりながらもパーで耐えた。渋野の他に同学年の河本結も米ツアーで奮闘中。「海外ツアーで頑張っているのを見てすごいとも思うし、自分は英語も話せないですし、未知の世界だなと思いながら見ています」。まだ自身の挑戦は早いようだが、12月の全米女子オープンは「チャンスがあれば」と視野に入れているという。

 次のターゲットは「3勝目を目指したいです」と意欲を示す。コロナ禍で試合数が減り、今季は2020-21年シーズンとして統合される。「賞金女王は一番獲りたいタイトルではあるので、それを目指して頑張ります」。高い目標へ、気合を入れて戦い抜く。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)