日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が10日開幕、撮影会の様子とは

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が10日から4日間、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)で行われる。大会を前に日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は公式インスタグラムを更新し、選手たちの撮影会の様子を公開。19歳新人・安田祐香(NEC)の“指ハート”の画像には「キュンです」「可愛すぎて辛い」と反響が集まっている。

 安田の笑顔が咲いた。白基調に赤と黒のラインが入ったシャツを着用。キャップを被り、両手でポーズを作っている。指ハートだ。白い歯を輝かせ、カメラ目線で笑みを浮かべている。

 JLPGAは吉田優利(エプソン)や西村優菜(フリー)らの画像も公開し、文面に「#オフショット」などとつづって投稿。安田の投稿にはファンから「メジャー頑張って行きましょ」「かわいい!! キュンです」「その細い体のどこにそのパワーが潜んでいるの?」「可愛すぎて辛い」「今週もファイトです」とコメントが寄せられている。

 安田、吉田、西村は昨年11月のプロテストに合格した2000年生まれのプラチナ世代。プロ転向後初のメジャーでどんな活躍を見せるか注目が集まる。(THE ANSWER編集部)