セカンドチーム選出はチーム史上5人目

 米プロバスケットボール(NBA)は15日(日本時間16日)、今シーズンのオールルーキーチームを発表し、ウィザーズの八村塁はセカンドチームに選出された。地元メディアは「ハチムラがウィザーズの歴史を作った」と絶賛している。

 地元放送局「NBCスポーツ・ワシントン」では「ワシントン・ウィザーズのフォワード、ルイ・ハチムラがウィザーズの歴史を作った」と称賛している。ウィザーズでオールルーキー・チームに選出されたのは2012-13シーズンにファーストチームに選出されたブラッドリー・ビール以来。セカンドチームに選出されたのはチーム史上5人目となった。

 ファーストチームには新人王に輝いたジャ・モラント(グリズリーズ)、ケンドリック・ナン(ヒート)、ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)、エリック・パスカル(ウォリアーズ)、そして、八村のゴンザガ大時代の同僚、ブランドン・クラーク(グリズリーズ)が選ばれた。

 そして八村はコビー・ホワイト(ブルズ)、タイラー・ヘロ(ヒート)、テレンス・デイビス(ラプターズ)、PJ・ワシントン(ホーネッツ)とともにセカンドチームに選出された。

 八村は今季1試合平均13.5得点、6.1リバウンド、1.8アシストを記録。リバウンドはルーキーでトップ、得点は5位という好成績を残していた。(THE ANSWER編集部)