錦織を破る金星をATP公式も「ジャイアントキリング」と表現

 男子テニスの世界ランク35位・錦織圭(日清食品)は17日(日本時間18日)、イタリア国際シングルス2回戦で同249位のロレンツォ・ムセッティ(イタリア)と対戦し、3-6、4-6のストレート負けを喫した。ATP公式サイトでは「ジャイアントキリング」と18歳の新鋭の番狂わせに注目している。

 第2セット第9ゲームで停電のアクシデントも起きた一戦で、錦織は18歳の勢いに飲まれる格好となった。

 初戦でグランドスラム優勝3度のスタン・ワウリンカ(スイス)という実力者に続く、大物喰いに成功したムセッティについて、「ムセッティのジャイアントキリングは続く。ローマでニシコリを凌駕する」と見出しで特集している。

「最高の試合だ。ワウリンカと違って、彼がベースライン近くでプレーするのに対して、本当にスマートなプレーができた。彼らは偉大なチャンピオンだ。本当に幸せだ。最初からフォアハンドには満足していた。スタン相手よりも、より攻撃的にプレーできた」

錦織も脱帽「本当に何でもできる」

 18歳の新星はオンコートインタビューで喜びを爆発させたという。1989年のディエゴ・ナルギソ(イタリア)以来、31年ぶりとなる10代での同大会16強入りとなった。新星の躍動に、錦織も素直に脱帽していたようだ。

「彼はいい選手だ。特にクレーコートでは。ハードコートでどんなプレーをするかわからないけれど、クレーでは間違いなくすごいパワーの持ち主。バックハンドもいい。サーブもいい。試合の入り方もよかった。本当に何でもできる。それが彼の大きな武器だと思う」

 新型コロナウイルス感染の影響で全米オープンを欠場し、赤土の舞台で復調を目指す錦織だが、若武者に潔くエールを送っていた。(THE ANSWER編集部)