1日から大学のプロ志望届提出者の公示開始

 全日本大学野球連盟が1日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は3週目を終えた。5日間(14〜18日)で34人が提出。大学生の提出者は計76人となった。

 第3週は投手の逸材が次々と公示された。明大の最速153キロ右腕・入江大生、またチームメートの中山晶量も最速150キロを計測する本格派右腕だ。桜美林大の根岸涼投手も最速153キロをマーク。東北福祉大の最速148キロ左腕・山野太一は3年春にリーグMVPを獲得するなど、チームを支えてきた左腕だ。

 3週目の提出者は34人。前週までと合計すると76人となった。提出締め切りは10月12日。提出者は同26日に実施予定のプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。(THE ANSWER編集部)