まるでコービーのようなブザービーターに米メディアが注目

 米プロバスケットボール(NBA)のレイカーズは20日(日本時間21日)、ナゲッツとのプレーオフ西カンファレンスファイナルの第2戦に105-103で勝利した。リードを許した終盤に、アンソニー・デービスが起死回生のブザービーターを決めて劇的な逆転勝ち。シュートを決めた直後に「コービー!」と叫んだことに注目が集まっている。米メディアが実際の動画を公開している。

 まるでコービーが乗り移ったかのようだ。ナゲッツが1点リードして迎えた試合残り2.1秒だ。レイカーズボールのリスタートで、マークを振り切ってフリーになったデービスは、ボールを受けると躊躇なく3Pシュート。大きな弧を描いたボールは、ブザーとともにリングを通過した。

 すると、その直後だった。ブザービーターを決めたデービスは、直後にベンチへ走りながら、何やら叫んだ。口元を見ると、はっきりと「コービー!」と言ったことが見て取れる。“ブラック・マンバ”が憑依したかのような瞬間に米スポーツメディア「ブリーチャー・レポート」が注目。公式インスタグラムに試合後の会見でデービスに質問した様子を公開した。

 なぜ「コービー!」と叫んだのか。デービスはその瞬間について「コービーはああいったショットを常に決めてきた。自分にとってもチームメートにとっても特別な瞬間だった」と振り返った。また、米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」公式ツイッターが公開した試合後の場内インタビューでは、「このジャージを着て負けるのは絶対に嫌だった」と説明。この日レイカーズが着用した、コービー・ブライアントがテーマの「ブラック・マンバ・ジャージ」がモチベーションになったと告白した。

 この試合で両チームトップの31得点を記録したデービス。自身初のカンファレンス決勝ながら、大事な場面で力を発揮した。レイカーズのレジェンドとして、試合の最重要局面で異彩を放ったコービー。そのレガシーはしっかりと受け継がれているようだ。(THE ANSWER編集部)