SNSで披露した逞しい力こぶにファン「しなやかできれい」

 競泳の池江璃花子(ルネサンス)が21日、自身のツイッターを更新。「最近腕太くなったねって言われること多くなった」と、約8か月前と現在の腕の比較画像を公開した。白血病で長期休養していたが、8月にレースに復帰。明らかに逞しくなった力こぶに対し、ファンからは「俺より太い」「復活してる」などと反響が寄せられている。

 努力が腕に表れている。鏡に向かい、腕で力こぶを作った状態で自撮りしている池江。上腕二頭筋は軽く盛りあがり、逞しさも感じる。21日に撮影されたこの写真とともに、今年1月28日に同じポーズをとった写真も投稿されているが、その差は歴然。約8か月の間で、ずいぶん腕が太くなったことが見て取れる。

 池江は実際の比較写真を自身のツイッターに公開。画像の中の文面に「最近腕太くなったねって言われること多くなった。間違いない!!」とつづっており、本人も成長を実感しているようだ。投稿に対し、ファンからは様々な反響が寄せられている。

「この短期間でここまで身体を戻すなんて……」
「1年も経っていないのに、こんなに復活しているなんて凄い」
「かっこいい! 素晴らしい!!」
「俺より太い」
「凄い根性と精神力に脱帽です」
「しなやかできれい」
「こっちも勇気貰えるぜ!」

 池江は昨年2月12日に白血病を公表し、闘病生活を経て同年12月に退院した。8月の東京都特別水泳大会(辰巳国際水泳場)の女子50メートル自由形で約1年7か月ぶりのレースに臨み、26秒32で組1着。10月1日に開幕する日本大学選手権の女子50メートル自由形に出場する予定となっている。(THE ANSWER編集部)