シグムンドが第1セットを失いかけたところから“誤審”で大逆転

 テニスの4大大会・全仏オープンは現地時間29日、女子シングルス1回戦で世界ランク66位ラウラ・シグムンド(ドイツ)が同44位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)にストレート勝ちを収めたが、第1セットに物議を醸す場面があった。シグムンドが自陣内で2度バウンドしたにも関わらずリターンしたショットが認められポイントに。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開。海外ファンからは賛否の声が上がっている。

 問題のシーンは第1セット、ムラデノビッチが5-1とリードしての第7ゲーム。セットポイントの局面だった。ムラデノビッチが放ったボールを、シグムンドが前に出ながらリターン。これがポイントになった。ムラデノビッチは抗議をするも判定は変わらない。

 だがよく見るとこのリターンの直前にボールが2度バウンドしているようだ。ここから怒涛の逆転劇で1回戦突破を飾ったシグムンドだが、米専門メディア「テニス.com」では公式ツイッターで問題の場面を動画付きで公開。「ラウラ・シグムンドはクリスティナ・ムラデノビッチを相手に7ポイントを奪って、第1セットを手にした。このドイツ人選手は“本当に”カムバックを果たしたのか? 間違った判定、スポーツマンシップの欠如は違う何かを私たちに提案しようとしている」と、スポーツマンシップに反する振る舞いだと厳しく指摘している。

 これに海外ファンも賛否のコメントを寄せている。

シグムンドのショットに賛否「スポーツマンシップが欠けていたわけじゃない」

「テニスをしたことがある人なら、試合中にあればダブルバウンスがどうか分からないよ」
「スポーツマンシップが欠けていたわけじゃない。リプレー自体見ていないし、相手のウイニングポイントに意識が集中していた」

 などとシグムンドのショットを肯定する意見の一方で、「卑怯者。シグムンドは勝利に値しない」「明らかなダブルバウンスなのにショッキングな判定」「可哀想なムラデノビッチ。勝利を盗まれた」といった判定に対するものも含めた批判の声も少なくはなかった。

 もしこのプレーが正しく判定されていれば……。勝負の結果は全く別のものとなっていたかもしれないだけに、波紋を呼んでいる。(THE ANSWER編集部)