レイカーズは逆転ならず、最後にパスを選んだレブロンに賛否の声

 米プロバスケットボール(NBA)は9日(日本時間10日)にプレーオフ・ファイナル第5戦が行われ、レイカーズはヒートに108-111で敗れて対戦成績を3勝2敗とした。土壇場の場面でレブロン・ジェームズ(米国)が下した判断が海外で議論の的に。実際の動画を米メディアが公開すると、「レブロンが史上最高である理由」「味方を信じたことが最大のミス」と賛否の声が上がっている。

 最終クオーターの残り16.8秒。108-109のわずか1点差、最後の攻撃で決めれば逆転の場面だ。右サイドから出されたボールをハーフライン付近で受けたのがレブロンだった。相手ディフェンスと1on1。ドライブでエリア内に切り込み、レイアップへ。しかし、ディフェンス3人に詰め寄られ、シュートコースがなくなったように見える。ここでレブロンは後方でドフリーのダニー・グリーンにパスをしたのだ。

 グリーンが残り9秒で放った運命の3ポイントシュート。しかし、無情にもリングに弾かれてしまった。レイカーズはこぼれ球を手にしたが、繋げられずに敗戦。コート上のメンバーは立ち尽くすしかなかった。米スポーツ専門局「ESPN」の公式ツイッターは土壇場の攻防の動画を公開。レブロンが自分でシュートを打たずにパスを選択したことに対し、海外では賛否両論が渦巻いている。

 ワシントンポスト紙でNBA担当を務めるベン・ゴリバー記者は、試合後のレブロンのコメントをこう紹介した。

「フリースローラインより奥にいる2人のディフェンダーを引き付けることができて、味方のシューターの一人(グリーン)を見つけることもできた……優勝に向けてドフリーで3Pシュートを打てる選手を、だ。俺はあいつを信じた……あいつがもう一度打てればと悔やんでいることはわかっている。自分もいいパスが出せればと悔しい。それだけのことさ」

レブロンの判断に海外ファン様々「最高のパス」「パスの時点で負け」

 味方を信じてパスを出したレブロン。しかし、ESPNやゴリバー記者の投稿には、海外ファンから350件を超える賛否のコメントが集まっている。

「最高のパスだったよ、キング」
「レブロンが史上最高である理由」
「素晴らしい人柄だ」
「レブロンが本当に気の毒」
「レブロンがラストシュートを打つべきだった!」
「ダニーにボールを渡した時点で負けが決まっていた」
「“彼を信じていた”というのが最大のミス」
「“信じてた”なんと役立たずな味方よ」」

 この日、レブロンは41分51秒の出場で両軍最多40得点のほか、13リバウンド、7アシストを記録。現役最高の呼び声高い35歳のレジェンドだが、10年ぶり17度目のファイナル制覇がかかっていただけに注目を浴びているようだ。第6戦は11日(日本時間12日)に行われる。(THE ANSWER編集部)