ロシア杯第2戦はトルソワに次ぐ2位、タラソワ氏らも評価

 フィギュアスケートのロシア杯第2戦がモスクワで開催され、11日の女子フリーで昨季の世界ジュニア女王カミラ・ワリエワは148.60点をマーク。合計233.70点として2位となった。シニアの16歳アレクサンドラ・トルソワ(ともにロシア)に逆転優勝を許したものの、ショートプログラム(SP)では首位に立つなど肉薄。ポテンシャルを見せつけた14歳について、母国の識者は「本物の芸術作品」「大きな将来性がある」などと語っている。

 SPでは圧巻の演技を見せた。冒頭の3回転フリップなど、ジャンプは華麗に次々と成功。スピン、ステップでもレベル4を獲得し、85.10点で首位に立った。しかし、4回転―2回転のトウループを成功させるなどしたフリーでは全体3位で優勝を逃したものの、昨季シニアでグランプリ(GP)シリーズで連勝し、合計240.59点で優勝したワリエワに次ぐ2位。上位3人が合計230点超えで4位以下を30点以上引き離した。

 ロシアメディア「championat.com」は、ワリエワの演技について重鎮タチアナ・タラソワ氏が国営放送の中継で語った内容を紹介。首位に立ったSPの演技については「素晴らしい。本物の芸術作品です。SPではなく、何かの歌のようです。まったくの驚きです」と絶賛している。

 同氏が特に褒め称えたのが、曲目との調和だった。「音楽の選択は素晴らしく、その演技はすべてが心からのもので、軽快で見事でした」と評価。ワリエワは名伯楽トゥトベリーゼ氏から教えを受けているが、「すべてを吸収しています。このようなプログラムはあっという間に終わってしまいますが、長く人々の心に残るものです」とタラソワ氏は心奪われているようだった。

ソチ五輪金メダリストはフリーの伸びしろに期待「ものにしたら凄いこと」

 また、同メディアは2014年ソチ五輪の団体、ペアで金メダルを獲得しているマキシム・トランコフ氏のコメントも紹介。全体3位となったフリーでの演技については「ワリエワには何も起こりませんでした」としながらも、「若い彼女にはとても大きな将来性があります。彼女の昨年のプログラムはフィギュアスケートの歴史に入り、我々のスケート界を美しく飾りました」と今後に期待をかけている。

 ワリエワのフリー曲目は「ボレロ」。同氏は「これはとても複雑なテーマで、私にはこの音楽の選択が正しいことを認めるのは難しいです」と難易度が高いものであることを指摘。「もし彼女が今シーズン終わり近くまでにそれをものにしたら、それは凄いことです! しかし、テストスケートから今日まで見て、今のところ未完成に見えます」と今後の伸びしろに期待していた。

 14歳にして大国ロシアのトップを行かんとするワリエワ。2022年北京五輪の金メダル候補にも挙げられる天才に、識者も熱い視線を注いでいた。(THE ANSWER編集部)