ニックネーム“メイヘム”は愛娘の行動が由来

 ボクシングのWBAスーパー&IBF同級統一王者・井上尚弥(大橋)に、31日(日本時間11月1日、米ラスベガス)に挑戦するWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)。「メイヘム(破壊行為)」というニックネームを明らかにしたマロニーは「イノウエも人間だ。弱点もあるし、ダメージも受ける」と断言している。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)公式サイトが報じている。

 井上の優勝で昨年11月に幕を閉じたWBSSバンタム級大会で、マロニーは1回戦でエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定負けを喫していた。WBSS公式メディアに登場。井上の異名“モンスター”に対抗するように、自らのニックネームについて語っている。

「オレのことをスムーズ・ワン(滑らかな男)と未だに呼ぶ人もいるけれど、メイヘム(破壊行為)と呼ぶ人間もいるんだ。どう呼ばれようが気にしないけれど、全ては娘のイルサから始まったんだよ」

 マロニーは「メイヘム」という異名の由来を紹介。愛娘が自宅を散らかす様を、婚約者のジョルジャさんが例えたことがきっかけで、自らのリングネームに変貌していたという。

「オレたちはアメリカに遊びにいくわけではない。破壊行為を展開し、バンタム級を奪うために来ているんだ。その時から、名前は固まったんだ」

ドネア戦から受けたインスピレーション「彼はダメージも受ける」

 こう語ったマロニー。リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)三傑に選出される無敗王者との聖地ラスベガスでの戦いは、豪州のボクシング界にとって歴史的な一戦になると意気込んでいる。

「長きに渡って語り継がれる最高の試合になるだろう。オーストラリアのボクシング史にとっても特別なものになる。激しい応酬になるし、全てを出し切って誰が最強なのかを定める戦いになる。このようなファイトは本当に興奮する。リングが待ちきれないし、オレの実力を証明したいんだ」

 さらにマロニーはWBSS決勝戦で井上相手に元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)が見せた戦いぶりに勇気を得ていることも明かしている。

「あれはアメージングなファイトだった。イノウエにとっては偉大なる勝利だが、ドネアにも流れがあった。イノウエの脆弱性をいくつか示すことができていた。イノウエは偉大なファイターだが、彼は人間だ。他のファイター同様に弱点もあれば、ダメージも受ける。オレは倒せる実力があると信じているし、証明するチャンスなんだ」

 下馬評を覆し井上を苦しめたドネアの戦いぶりを参考に、井上戦へイメージを膨らませている。(THE ANSWER編集部)