今年最大級のビッグマッチ、敗れたロマチェンコは不満げ

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。圧倒的有利とされながら、6年ぶりの黒星を喫したロマチェンコは試合後、「自分が勝ったと思った」と振り返っている。

 番狂わせだ。停滞した展開からボディーを打つロペスに対し、ロマチェンコは右フックなどを出すが単発。8回にはロマチェンコが距離を詰めて手数を増やしたが有効打にはならない。小刻みに動いて、ロペスのパンチをもらうことはなかったが、最後まで決め手を欠いた。

 手数でロペスを下回り、最大で10ポイントの差がつく判定負け。3本のベルトを一度に失った。米スポーツ専門局のダン・ラファエル記者は自身のツイッターに「ロマが言った」とした上で、ロマチェンコの試合後の談話を伝えている。

「自分が勝ったと思ったが、ビデオを見直さなければならなかった」「前半は勝ったと思ったが、後半もそれを続けた」と話していたと伝え、リマッチを希望するかどうかについては言及しなかったという。

 戦前は有利と見られていたロマチェンコ。まさかの敗戦を受け入れるには時間がかかるのかもしれない。(THE ANSWER編集部)