今年最大級のビッグマッチ、制したのはロペス

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆す番狂わせを起こし、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。今年最大級のビッグマッチを制した23歳のロペスは16勝で無敗を守り、32歳のロマチェンコは約6年半ぶりの黒星で14勝2敗となった。

 ロペスが番狂わせを起こした。停滞した展開からボディーを打つロペスに対し、ロマチェンコは右フックなどを当てる。8回にはロマチェンコが距離を詰めて手数を増やした。小刻みに動いてパンチをかわし、的確にパンチを当ててポイントを重ねる。しかし、ロペスも飛び込んでパンチを当てにいった。判定ながらロペスが主要4団体全てのベルトを手にした。

 試合後はインタビューで「今は感謝しかない。この重要性を考えたい。勝てたことには理由がある。それをしっかり考えながら生きていきたい」と喜びを表現。「俺はファイターだから戦うことに手を抜かない。判定はどうあれ、スコアカードがどうあれ、俺は関係ない。俺は勝った。俺が勝ち取ったもの。真のチャンピオンであることは変わりない」と判定勝ちにも胸を張った。

 最強ロマチェンコとの試合実現を求めてきた23歳。挑発的な言動もあったが「試合をしたいと言葉を発することで相手にプレッシャーをかけたし、試合中もプレッシャーをかけ続けられた。自分の流れは止まらなかった」と満足げ。今後については「階級を上げてもいい。みんなが困惑した顔を浮かべているのが楽しいけど、ニュージェネレーションが誕生したことを覚えていてほしい。他にもいい選手がたくさんいる」と意気込んだ。

 長いボクシング史で4団体統一を果たしたのは、スーパーライト級のテレンス・クロフォード、ミドル級のバーナード・ホプキンスとジャーメイン・テイラー(いずれも米国)、クルーザー級のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)の4人しかいなかった。“テイクオーバー”(奪取)の異名を持つロペスはロマチェンコを退け、5人目の偉業をタレント豊富なライト級で成し遂げた。(THE ANSWER編集部)