ロマチェンコ陥落の波乱、119-109の大差に米プロモーターが言及

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆し、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。ところが、10ポイント差をつけたジャッジに米興行大手・トップランク社CEOのボブ・アラム氏が「アポイントしないようにどんなボクサーにもアドバイスする」とコメント。米メディア「ヤフーニュース」が報じている。

 今年最高のビッグマッチに疑問符がついた。ジュリー・レーダーマン氏がつけた119-109のスコアカード。ロペス圧勝を支持したが、これが海外で議論の的になっている。記事では女性ジャッジについてこう記している。

「ロペスの勝利にわずかな疑問もないが、共通理解ではロマチェンコは12回に入るまで競り続けるだけの後半の躍動感を示していた。ロペスは勝利のために力強くフィニッシュしたが、レーダーマンが示したように12回中11回も彼(ロペス)が制したことは信じがたい」

 この試合の興行を務め、両選手をプロモートするトップランク社のアラム氏もジャッジに言及したようだ。記事では、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者のツイートを紹介。両選手の奪ったラウンド数について、アラム氏は8-4でロペス勝利の可能性もあるとしながら、7-5だと分析しているという。

クロフォードも反応「良い試合だったが…」

「この試合を見て11-1と採点はできない。9、10、11回は(ロマチェンコ優勢で)僅差ではなかった。ジュリー・レーダーマンにアポイントせず、コミッションに依頼するようにと私はどのボクサーにもアドバイスするだろう」

 ロマチェンコ、ロペスだけでなく、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)ら実力者を多く抱える大物プロモーター。他のジャッジを起用するよう選手に勧めると語ったという。

 同じくトップランク社を契約するWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)も「119-109、マジか。良い試合だったが、あのスコアはあまりに敬意に欠けている」とツイートしたことを記事で紹介している。

 試合直後から米ファンやメディアがロペス勝利を支持しつつ、採点に異論を示していたが、プロモーターや現役王者も反応したようだ。(THE ANSWER編集部)