G1菊花賞で史上3頭目となる無敗での3冠を達成

 競馬のG1第81回菊花賞(京都・芝3000メートル)は25日、福永祐一騎手騎乗の1番人気コントレイルが単勝1.1倍という断然の支持に応えて勝利。史上3頭目となる無敗の3冠を達成した。父ディープインパクトとの父子での達成は史上初の快挙となった。

 最後は首差で抑え込んだ。道中、中団の前でレースを進めたコントレイル。勝負は2周目第4コーナーからだ。外側へと導かれ、直線に入るとスピードに乗った。最後はアリストテレスと並び、200メートルに渡る激しい叩き合いとなったがリードは譲らず。手に汗握る接戦を制して3冠を達成した。

 京都競馬場からは拍手が沸き上がり、祝福を受けた。レース後はツイッターのトレンドで「コントレイル」が1位に。SNS上には「馬体も引き締まってて素晴らしい走りだった」「最早出来レースレベルの強さ」「よく最後粘りきったなと」「歴史を飾るにふさわしい良いレース」「やっぱ強いw」「しびれた菊花賞だったね」「歴史が動いた日」「コントレイルは化け物」などとファンからの声が多数上がっていた。(THE ANSWER編集部)