ロシア杯第3戦で2位となったウサチョワに重鎮タラソワ氏が言及

 フィギュアスケートのロシア杯第3戦が現地時間25日まで行われ、女子シングルではアンナ・シェルバコワ(ロシア)が合計239.91点で優勝。昨季のロシア選手権女王には及ばなかったものの、14歳ダリア・ウサチョワ(同)が堂々の2位に入った。ショートプログラム(SP)では78.41点で首位に立ったウサチョワについて、現地の識者は「彼女は空気のように軽く、腕の使い方がとても上手です」などと絶賛しているようだ。地元メディアが報じている。

 14歳がV争いを演じた。赤と紫のグラデーションの衣装でSPに臨んだウサチョワ。冒頭のダブルアクセル、続く3回転ルッツを美しく決めると、軽快で滑らかなステップを披露。スピンにも大きなミスなく、見事な演技でSP首位に立った。フリーでは転倒もあったが、合計225.19点をマーク。シェルバコワに逆転を許したものの、堂々の表彰台となった。

 昨季の世界ジュニア女王で、今季ロシア杯第2戦で2位となったワリエワと同じ2006年生まれ。トゥトベリーゼ門下生の実力者に、地元の識者も絶賛を送っている。ロシア紙「コムソモリスカヤプラウダ」は「タチアナ・タラソワ氏がソチで行われたロシア杯第3戦のウサチョワのSPを評価した」との見出しで記事を掲載。重鎮のコメントを伝えている。

 記事によるとタラソワ氏は、ウサチョワのSPのプログラムを高評価。「フリップで少しバランスを崩しましたが、彼女は偉かった。なんとかこらえて連続ジャンプであるトゥループを跳びました。彼女は空気のように軽く、腕の使い方がとても上手です」と話したという。

 現地メディアによるとウサチョワは4回転ジャンプなどの大技はまだ決めていないものの、トリプルアクセルを猛練習中であると報じられている。ワリエワと同じく、北京五輪出場を狙える年代。大きな武器が加われば、ロシアの上位陣を脅かす存在となるかもしれない。(THE ANSWER編集部)