ロシア杯第3戦で2位、シェルバコワに逆転優勝許す

 フィギュアスケートのロシア杯第3戦が現地時間25日まで行われ、14歳ダリア・ウサチョワ(ロシア)が合計225.19点で2位に入った。ショートプログラム(SP)では78.41点で首位に立ち、優勝は逃したものの表彰台に上り詰めた。ただ、フリーの演技には納得がいかなかったようで、ジャンプで転倒した場面を「許されないミス」と振り返っている。地元メディアが報じている。

 大国に新風を吹き込んだ。ウサチョワはSPに赤と紫のグラデーションの衣装で臨むと、冒頭のダブルアクセル、続く3回転ルッツで見事に着氷。表現力豊かに滑りきり、スピンにも大きなミスはなし。並みいる実力者を抑えて首位に立った。フリーでは転倒もあり、合計239.91点のシェルバコワに逆転優勝を許したものの、14歳の2位は躍進と言える。

 ウサチョワは昨季の世界ジュニア女王ワリエワと同じ2006年生まれ。名伯楽のエテリ・トゥトベリーゼ氏から指導を受けている。ロシア紙「コムソモリスカヤプラウダ」は、ソルトレイクシティ五輪王者アレクセイ・ヤグディン氏がウサチョワに言及したコメントを伝えている。

 同紙によると、ヤグディン氏はSPについて「本当に素晴らしい演技だったので何も言うことがありません」と絶賛。特にジャンプなどに魅力を感じたようだ。

「とても軽快なジャンプで、彼女は風船をつけて跳んでいるような感じです、とても高さがあります。私には、彼女はもっとできると感じられますし、彼女のエレメンツへのアプローチを特筆したいです。すべてが理想的で調整されていて、(プログラムに)まるで無駄なところがありません」

ウサチョワは唯一のミスに悔しさ露わ「もっと練習し続ける必要がある」

 金メダリストにも評価されたウサチョワ。喜んでもいい成績だが、フリーでの出来には納得がいかなかったようだ。3回転フリップ―3回転トゥループの連続ジャンプで転倒。唯一といっていいミスだったが、母国メディア「championat.com」は14歳のコメントをロシアフィギュアスケート連盟から引用し、こう伝えている。

「私は今日(フリー)の滑りには満足していません、なぜなら連続ジャンプで転倒する大きなミスを犯してしまったからです。もちろんこれは許されないミスです。つまり、もっと練習し続ける必要があるということです」

 フリーの演技後には笑顔がなく、転倒シーンの映像には悔しさを露わにした表情を見せた。「今はすべてのエレメンツをクリーンに実施し、感情を出せるようにプログラムを滑り込む必要があります」と反省を口にしたという。

 現在はトリプルアクセルを猛練習中であると現地メディアに報じられている14歳。今後の伸びしろが大いに期待されている。(THE ANSWER編集部)