豪州メディア「勇敢なマロニーを凌駕」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。マロニーの地元オーストラリアメディアも圧巻の強さに脱帽。「怪物的なショーだ」と異名通りの強さを絶賛している。

 圧巻の強さだった。第7ラウンド、井上は閃光のような右ストレートを一閃させると、粘り強い戦いを見せていたマロニーも耐え切れず、マットに崩れ落ちた。

 オーストラリアのボクシング専門メディア「Aus-Boxing」公式ツイッターは2本のベルトを誇らしげに掲げる井上の写真とともに、防衛に成功した王者の強さを称えていた。

「ナオヤ・イノウエによる怪物的なショー。統一バンタム級のドンがラスベガスで勇敢なジェイソン・マロニーを凌駕し、7回に勝負を締めくくった」

 井上相手に果敢な接近戦で勝機を見出そうとした母国ファイターの戦いぶりを評価する一方で、ハロウィンの夜に見せた井上の怪物ぶりに白旗を上げていた。(THE ANSWER編集部)